億万長者になりたい全ての株・FXトレーダーに。国内日本株ヘッジファンドの現役ファンドマネージャーが送る、本質をついたシンプルな手法・メンタル・心構えを解説したFX・株トレードブログ。基本的にはFXのデイトレードを解説しているが時々日本株の投資アイディアも。過激な表現が苦手な人はご遠慮ください。死ぬほど努力してでも真剣に勝ちたいという覚悟のあるトレーダーのみ記事に進んでほしい。

トレーダー必読の書

  • HOME »
  • トレーダー必読の書

トレードの道というのは終わりがない。

俺は、今の自分の手法や考え方をできる限りブログに反映しているが、勿論俺の考え方だけが全てではない。

ここには、俺が読んで、本当に素晴らしい、ためになったと思うものだけを紹介する。

 

勿論、読めばすぐに勝てるようになる本など存在しない。

ただ、最低限の知識として、読んだほうがいいという程度だ。

トレードに勝つには検証検証また検証だ。そのための武器はブログで全て紹介している。

 

それでも、更に学びたいという姿勢を俺は歓迎する。その場合の参考書に使ってくれ。

 

また、本を購入する際は必ず下のリンクから購入してくれ。俺の懐におまえらが買うたび、チャリンチャリンと小銭が入るからな。

まぁそんな小金俺にとってはどうでもいいんだがな!!!

 

どうしても俺に儲けさせたくないやつらは、自分でアマゾンで検索して買え。

 

1.投資苑

いわずと知れた名著だ。手法の細かい所は俺とは違うが、とにかくまず最低初心者が知っておくべき情報は網羅されている。

これを読んで勝てるようにはならないが、ひどいことにはならないだろう。

くそ負け犬トレーダーから負け犬トレーダーに成長するのに必読の書だ。

 

2.投資苑2

名著投資苑の2作目に当たるものだ。投資苑の復習にもなるし、こちらも勿論良書だ。資金管理、手法等詳しく書かれているので、くそ負け犬トレーダーのおまいらは必読だ。

勿論、何度も言うが、これを読んで次の日から勝てるようになるわけではない。というかそんなものはこの世にはない。

おまえらも小学生から算数、数学とステップアップして勉強していっただろ?この本はいわば九九だ。九九できないのに数学なんて無理だろ?そういうことだ。

とりあえず読め。後悔はしない。

 

3.ソロスの錬金術

これは少しおまいらには難解かもしれん。ただ、ファンダメンタルズ分析の教科書を一つ挙げてくれといわれれば、迷わず俺はこの本を選ぶ。

ゆっくりと、なぜそう思ったのか、なぜそこでそういうポジションをとったのか、しっかりと調べ、吟味し、考えながら2,3回読むといいだろう。

おまいが短期トレードしかしないなら、読むだけ無駄だ。

だがもし、短期トレードが出来るようになって、少しファンダも取り入れたポジショントレードをしたいという上級者ならば、自信を持ってお勧めする。

 

ただ、自分の頭の悪さをひしひしと感じるだろうから、その覚悟はしておけ。

 

4.マーケットの魔術師シリーズ

ジャックシュワッガーの有名なトレーダーにインタビューするシリーズだ。これはもう何度読み返したか分からん。

というのも、ヘッジファンドの入社面接で話題づくりのために読み込んでいったというのが正直なところだ。

株式トレーダーやグローバルマクロのトレーダーがほとんどで、為替トレーダーではビル・リップシュッツの話が強烈で、絶対に為替トレーダーだけはならないと心に誓ったはずなのだが、因果な話だ。

まぁ別にこれ読んだから勝てるっていう類のものではないが、モチベーションアップや、最低限の教養として読むべきだろう。

あと、本当に色々なトレーダーが色々な手法で買っていることが分かるはずだ。つまり、手法は無限にある=聖杯は個々のトレーダーの中に眠っているということが、間接的に理解できるはずだ。



 

 

5.プライスアクションとローソク足の法則

プライスアクション、ローソク足というのは、チャートを表示したら基本的に誰もが見ている物であり、それでいて、その重要性が見失われがちだ。基本的に、テクニカルというものはローソク足に刻まれた情報をこねくり回して見やすい形にしたものであり、最も相場の様相が速くわかるテクニカルはそのローソク足にほかならない。

この生のチャートで、色々な場所で起こるプライスアクションの意味を瞬時に理解できれば、相場からのメッセージを誰よりも早くキャッチできるということになる。俺は、プライスアクションを重視したトレーダーだが、ことプライスアクションに関する良書というのは地味なこともあるのか、かなり少ない。

その少ない参考書の中で、俺が最良だと考えるのが以下の本だ。少し難解だが、めげずに読めば、かならず何かを得られるはずだ。

 

6.システムトレード基本と原則

ブレント・ペンフォールドというオーストラリアの有名トレーダーが書いた本だ。俺の相場初心者講座やいつものブログのように、読めばすぐに勝てるといったたぐいのものではなく(そもそもそんなものはない)、丁寧にルール作りに必要な考え方を説明していっている。

あまり有名ではないし、彼と俺では考えが違う点も多々あるが、真剣にトレードに取り組むものにとって有益な考え方が多数のっている。特に、ポジションサイズに関する記述は必ず読む価値があるのではないかと考えるレベルだ。

とにかく、一旦は読んでみるといい。個人的には投資苑にならぶ、トレーダーの基本的な教科書だと考える。

 

7.先物市場のテクニカル分析

様々なテクニカルの手法が、しっかりと一つ一つ解説されており、ちゃんと体系的に一つ一つテクニカルを学び、その中から自分に合ったものを探していきたい真剣なトレーダーにはかなり参考になる本だと思う。

だが、勿論そういうちゃんとした本なので、「このテクニカルとこのテクニカルで必勝」みたいなことは書いていない。むしろ、少し後藤憲一氏のシリーズである詳解物理演習シリーズに似たところがある、学術書のような雰囲気だった。(この本は学生時代にお世話になった)

 

ということで、自分の武器がまだ定まっていないが、これから探していきたい者、また、もっと自分の使っているテクニカルについて詳しくなり、自己の判断に役立てたい真剣なトレーダーは、一読をお勧めする。

 

8.スぺランデオのトレード実践講座

マーケットの魔術師の一人でもある、ビクタースぺランデオ氏の本だ。

この本の素晴らしいところは、ファンダメンタルズ分析にしても、テクニカル分析にしても、その「考え方」の部分がしっかりとわかりやすく書いてある点だ。

ファンダメンタルズ分析はジョージソロス氏の考え方を踏襲している部分もあり(勿論部分的に違うが)すんなりと入りやすいし、テクニカル分析の部分に関しても、統計分析のアイデアが豊富なので、「じゃあ、どういう切り口で考えたら自分の扱っている商品に応用できるだろうか」と考えれる部分がたぶんにある。

この本も、「明日から使える簡単テクニカル!」という類のものではないが、本当にマーケットに真剣に取り組むなら、一読して損はない本だと思うので紹介したい。

 

9.行動ファイナンス

この本を読めば、何故市場は効率的でないのか、何故皆チキン利食いをし、何故塩漬けをするのか、よくわかる。

こうすれば勝てる、というよりは、こうすれば負ける、ということを徹底的に行動ファイナンスの見地から教えてくれる。

何故売買ルールを手に入れたのに勝つことができないのか。

それを”メンタル”という陳腐な言葉ではなく、具体的に理解することができる。

まぁ、少し骨のある本だが二日もあれば読める。

自分がなぜ負けているのか理解しながら負けるのと、理解せず負けるのとでは、その後が全く違ってくる。

その、”何故負けているのか”にこの本は気づかせてくれるだろう。

 

10.ブラックスワン回避法

 

題名はチープだが、はっきり言ってミスリーディング。内容は本当に素晴らしい。

少し哲学的な本なので、万人受けというか、万人向けではないが、俺が日頃思っていることを、こんなにも的確に言葉にしてくれる人がいたのかと感動している。

オーストリア流の経済学の説明に始まり、なぜ投資戦略にしろビジネスにしろ迂回的な順路を通る必要があるのか、それらの話を、エスプリの効いた比喩を織り交ぜながら、とても分かりやすく解説してある。

ある程度投資をしてきたなら、黙って買って読めレベルの良書だ。

実際に彼の投資戦略を日本市場に当てはめて,下の図が、ROIC8%以上で、PBR上位20%以上、時価総額で500億以上の企業をスクリーニングし、月次でリバランスしていったバックテストの結果だ。

%e3%82%b8%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%8810%e5%b9%b4

 

本文中では”ジークフリート戦略”と呼ばれており、残念ながら日本企業は米国のように100%を誇るようなROICをもつ企業は存在しないので、大幅に数値を下げてスクリーニングを行ってある。

直近10年間で、アルファが6.34%となかなかだ。インフォメーションレシオも悪くない。

ただ、ボラティリティが高いので、”なぜこのスクリーニングが効くのか”を、哲学の部分からしっかりと理解していない限り、つまり本書を本当にしっかりと深く読んで理解しない限り、耐えることはできないだろう。

まぁ、読んでいない立場からするとなんのこっちゃだと思うが、久々に新著でここまで良い投資本に出会うとは思ってもいなかった。

重ねて、一読をお勧めしたい。

日曜日は無料メルマガで更新

メルマガ登録・解除
月光為替のマーケットよもやま話
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

有料講座

取材されました

FX攻略

FX攻略.comで連載中

FX攻略.com週刊で連載をしているので、チェックしてくれ unnamed

動画講座サンプル

つぶやき

PAGETOP