さて、そろそろ具体的なルール作りについて話していこう。

検証が大切だということだが、そもそも検証できないルールや、検証にも値しないルールを作って、あたふたするのは完全に時間の無駄といえる。

まず、最低限、ルールを作るのに必要な知識を手に入れなければならない。

 

そこで、よく初心者が陥りがちなのが、「ファンダメンタルズ分析」だ。

よく、トレードの本なんかでは、「長期的に勝つにはファンダメンタルズ分析が必要不可欠」と書かれている。

本当にそうなのか?

 

ちなみに、俺はファンダメンタルズ分析を一切していない。チャートオンリーだ。

そもそもしようとも思わない。

 

なぜなら、検証不可能だからだ。

 

通貨のファンダメンタルズは、実需、経済、政治、金利、貿易、投機的資金、数々の要素からなりたっている。

ジョージソロスの言葉を借りれば、それらの要素が再帰的に影響しあって、なりたっているのがマーケットだ。

 

そんな要素を、お前らが分析できるのか?

どうせ本や、「自称ファンダ取り入れてます」トレーダーがやってることなんて、「雇用統計に注意!予想よりよければドル高、悪ければドル安」とかその程度だろ?

そんなもんファンダっていうのか?ばかか?

 

生粋のエリートの俺が、本当に真剣に考えて現在の経済状況を分析し、作り上げたファンダメンタルズストーリーですら、ほとんど外れた。

だから俺はファンダを基準にトレードするのはやめた。

俺が尊敬するジョージソロス氏ですら、ほとんど外れている。すくなくとも短期的には。

 

そんなマーケットのプロ中のプロが頭をひねりにひねっても尚間違えるのに、おまえらがない頭をふりしぼって考えてどうにかなるわけないだろ!!

 

俺は、ファンダを一切分析しない。それで、結果をだしている。

 

もし、それでもファンダが大切だと思うなら、多分俺のブログや手法はお前には合わない。

ファンダを重要視しているトレーダーや商材屋は何人もいるのはしっている。そっちに師事してくれ。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら