聞きなれない言葉が出てきたな。

 

俺のトレード哲学は、何よりもこの概念がおおもとになっている。

効率的市場ってのは、今マーケットの価格ってのは、全てが織り込まれており、次にどう動くのかは常に1/2だっていう学者が考えたくそ概念だ。

全ての投資家は合理的に行動するという意味不明な前提を置いて、価格変化は正規分布に従うという結論を導いた。

いわゆるランダムウォーク理論だ。

 

少し話が難しくなったので、ちんぷんかんぷんなやつも多いだろうが、簡単にいうと、

「たくさんの参加者がいるマーケットでは、価格がどう動くかは誰にもわからない」ってことだ。

 

この概念は本当に夢のない概念だ。だって、「トレーダーが長期的に勝つことはできません。もし勝てているなら、それは運です」という概念なんだから。

 

ただ、現実は厳しく、特に世界でもっとも参加者の多いFXの市場は、最も効率的市場に近い市場だ。

だが、完全な効率的市場なら、俺たちは勝てない。

俺たちのFX市場は、「ほぼ効率的な市場」なんだ。

 

安定的に勝つには、ほとんどが効率的な市場が、瞬間的に非効率になる瞬間を狙い撃ちしていかなければならない。

俺のルールの礎には、常にこの概念がある。

 

少し難解な話をしたな。簡単にいうと、マーケットは法律みたいなもんで、その細かな抜け穴を探す犯罪者みたいなのがトレーダーだと考えりゃいいよ。

てことで、その非効率な瞬間はどうやってみつけるのかってことなんだが、、それは次回に譲る。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら