前の続きだ。

効率的市場で勝ち続けるには、日常に潜む非効率な瞬間を狙い撃ちしなければならんという話だが、、

そんなんどこにあんねんと。

 

結局相場ってのは人が作り出しているものだ。そんな人がエラーを起こす瞬間てのはどこだと思う?

 

それは、ストップロスが集まって価格が走る瞬間だ。

 

価格を動かすのは原因は、成り行き注文なんだ。

 

成り行き注文が多ければ多いほど、反対の指値がどんどんついて、価格が動くわけだ。

で、その成り行き注文が多く集まる場所ってのが、ストップロスの集まる場所なんだ。

 

なぜなら、ストップの逆指し注文てのは、成り行き注文だからだ。

 

トレードでエッジのあるエントリーをしたければ、ストップの集まる場所をねらって、多くの成り行き注文によって動く価格にのることが重要なのだ。

 

じゃぁこのストップが集まる場所ってのはどうやって見分けるんだろうか。

そこで、チャートを分析していくことになる。

 

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら