まずは武器のひとつめ、トレンドラインだ。

なんだ、そんなの誰だって引けるよ当たり前ジャン、と言ったやつ。

 

口を慎め。

 

トレンドラインの引き方はさすがに分かるだろうが、おさらいだ。

上昇トレンドなら安値を結ぶ。下降トレンドなら高値を結ぶ。ただこれだけだ。

下にチャートで例を載せる。クリックで拡大しろ。

 

2

 

1

 

 

 

大体このラインをトレンドに対する順張りに使えと教科書的には書いてあるんだと思うが、闇雲にトレンドラインに近づいたらエントリーとしていても、何のエッジもない。

 

何度もいうが、テクニカルを使う理由は、シグナルをみつけるためではない。ストップの集まる位置を見つけるためだ。

 

例えば、今上昇トレンドだとする。おまえが順張りトレーダーで、含み益がでているなら、そのトレイリングストップはどこにおく?

トレンドランの少し下だ。

新しくおまえが買いで入りたい。トレンドランに近づいてきて反発した!さあエントリー。 さてそのストップはどこにおく?

トレンドラインの少し下だ。

逆におまえはトレンドラインブレイクで売りを狙っている。ならそのストップはどこにおく?

トレンドラインの少し上だ。

 

このように、さまざまな思惑が入り混じることで、トレンドラインの周辺にはストップが必然的に集まることとなる。

このどちらかのストップがついた瞬間

 

その量が十分に多ければ、価格は大きく動くことになる。その動いた方についておけば、とりあえず損はしない。

基本的に価格がどう動くかはわからない。だからストップがついて価格が大きく動いたほうにあらかじめポジションを持っておき、それでとりあえず最低限の利益を確保。あとは気長にリミットまで待つ。

それが俺のトレードだ。

 

どうして価格の動いた方にポジションを持ってられるのか?

 

それは次の段階の話だ。まずはストップの集まる場所を把握する武器を全て手に入れろ。その後に解説をしてやる。

 

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら