基本的に相場は、教科書的な動きをしないことの方が多い。

期待値はプラスな手法ですら、ドローダウンの時期が必ず訪れる。

そんな時、少しでも金を減らしたくないってのが人情だ。

そういう時どうするか。

 

実は単純なんだ。  

 

逆をやれ

 

ただそれだけ。 え?それだけ?

 

それだけだ。

 

たとえば、自分がロングしていたとする。節目を越えて、さあ、これはあがるだろうと思ってエントリー。

少しだけ巡行した。

と思ったらすぐに自分のストップまでズドン。

んで、その勢いでそのまま奈落の底にストン。  茫然自失。

 

こういうことがふえてくるのが教科書的ではない相場だ。

そういう時に相場で動いているからくりはこうだ。

 

節目を越えたらロングだの、押し目でロングだのなんでもいいが、とにかく少し教科書をかじったやつにはもう絶好のロングチャンスが現れた。

そういうやつは、基本的にその節目付近の安値にストップをおく。だから、素人のストップがそこにたまる。

そこをつけに行かれる。みんな投げる。次の節目まで下がる。

 

こういうことだ。

 

実は、こういう状態になったからって、あまり落ち込まなくてもいい。

なぜなら、見ている節目は合っているということだからだ。

要は、その節目の騙し合いに負けただけだ。

 

だから、負け始めてきたら、自分のストップでドテンする。勇気がいる行為だが、これが一番そういう相場で使える手法だ。

 

だが、これにも勿論欠点がある。

 

それは、騙しの騙しで結局ロングってことも往々にしてあるからだ。

 

んじゃどうすればいいのかって??

 

今までの流れをぶっちぎって、最後に絶望的なことを教えてやろう。

 

 

結局経験だ。

 

 

ずっとやってると、「お、今日は騙すだろうからいつもの逆を狙うか」とか、「これは確実にふっとぶだろうからいつもの感じで行こう」とか、そういう変な感覚がでてくる。

勿論外れるときもあるが、大抵あたる。

 

で、なんでそう思ったのかっていわれても、正直わからない。経験としかいいようがない。

 

多分、膨大な数のチャートを見続け、脳にあるパターン認識力がフルに活かされた結果なのだろう。

 

これが、俺が1,2億をコンスタントに稼げる理由だ。

 

勿論手法の研究もあるが、何よりその手法の選別を行う経験の部分が大きい。

 

でも、おまいらはそんなこと悩まなくていいんだぞ。

 

まずは、期待値プラスのルールで、トータルですずめの涙でもいいから勝てるようになってからだ。

 

俺のこの話は、そこからそのプラスを伸ばすときの話であって、万年負け犬にはまだ早すぎる話だ。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら