とりあえず、ここまでしっかり読んでいる奴らは、ストップの場所を知るための武器は得ただろう。

まずは、ラインを自分で引いて、フィボを引いて、自分で意識されてると気づくことがまず第一だ。

こっからの話は、それができた前提で話を進める。

 

基本的に俺はトレンドフォローの概念をもっている。

だから、トレンドを見つけて、それが続くっていう前提で物事を考えている。

勿論、トレンドに逆らい、逆張りで攻めてそれで結果をだしているやつもいるし、知っている。ただ、俺がトレンドフォローの概念をもってるだけだ。

俺が手法についての記事を書ききり、それを全て読破したときには、別に逆張りでも勝てるって納得できると思う。

 

これは俺のブログで、俺の手法解説なので、これからは基本トレンドフォローに徹する。

まずはなんで俺がトレンドフォローを選んだのかってところなんだが、、

 

為替ってのを一番動かす要因はなんだかわかるか?

金利か?経済か?貿易か?

違う。

 

カネだ。俺たちのカネ。

 

俺は基本的にデイでトレードしてる。デイのトレードにおいて、最も重要な相場を動かすファクターは、投機筋の資金だ。尋常じゃない額が流通している。

んで、投機筋の資金てのは、基本的に為替レートがあがると、そこに資金が入りやすい。

んで、イタチゴッコになる。

 

つまり、為替レートがあがる→投機筋の資金が入る→更に為替レートがあがる→投機筋の資金が入る→更に為替レートがあがる

てな具合だ。

んで、とくに為替の世界では、資金規模が大きいので、一度こういうサイクルができると、かなり長く続く傾向にある。チャートみりゃ一目瞭然だ。

 

となると、確率的に、トレンドが続くか、反転するかどっちに賭けた方が良いかって話で、俺は続く方が確率が高いと考えている。

だからトレンドフォローにしているわけだ。

 

結局期待値がプラスであればなんでもいいのだが、あまりに勝率が低いルールは俺は個人的に好まない。精神的にくるからだ。

だから、逆張りよりは順張り。ただそれだけだ。

 

俺はこのブログで懇切丁寧に説明している。だから、勘がいい奴は、俺のやりかたや考え方をどう逆張りに活かせば良いかも思いつくはずだ。

何も思いつかないなら、愚直に俺の言うことを聞いてやってみろ。

 

いいか、何でも物事には順序がある。守破離だ。

負け犬トレーダーのおまいらは、まずは守だ。

そっから破る。先に破ってどうにかなるもんではない。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら