ストップについていくってのとトレンドフォローってのが、まず俺の手法の根幹だ。

んで、こっからは多少技術的な話になっていく。

「おお、そういう細かい話がききたいんだよ」って鼻息荒げているおまい。

 

一番大事なのは、今までの話だからな。

 

今までの話はいわばゲームで言うルールを覚える段階だ。勝ち方を考えるのはルール覚えてからだろ?

まぁでもこういう技術的なのがなかったらトレードしにくいから全部書くんだが、読むからにはしっかり勉強してくれよ。

 

んで、まぁ初心者によくあるがちな質問が、「時間足って何をみるのがいいですか?」だ。

答えはきまっている。

 

何でもいい。

 

またかよって思っただろ?でもこれには理由がある。

 

相場には、フラクタル性というものがある。

以下のチャートをみろ。

1

2

3

 

4

上から下に、ドル円の日足、4時間足、15分足、5分足のチャートだ。

 

ぱっとみせられたら、どれも同じ様な感じだろ?

フラクタルってのは、ひとつの形の中に、その形が何個もはいっている、いわば相似形が重なってできたもののことだ。

例えば、雪の結晶なんかは、フラクタルの最たるものといえる。

 

これは、相場でもそうで、結局拡大していくと、同じような動きの集合体が相場ってことになるんだ。

 

形が一緒ってことは、効いてくるテクニカルも同じだ。足の違いでは変わらない。

違うのは、値幅のボラティリティと、新しい足ができるまでのスピードだ。

 

だから、結局、何分足でもいいんだよ。自分がみる足に手法を適用させりゃいい。

 

ただ、2時間足とか3時間足にしかない節目とかをストップが集まる場所としてとらえるのはあまりよくない。

なんでかっていうと、2時間足とか3時間足とかをメインにトレードしている奴らがほとんどいないからだ。

 

みんなが見てないと意味がないってのは前言っただろ?だから、使う足もメジャーなのにしときゃいい。

5分、15分、30分、1時間、4時間、日足 てなところか。

 

てことで、何でも良いが答えだ。これから俺が書いていくことも、自分のトレードスタイルに合わせた時間軸で考えてくれ。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら