題名は、何を隠そう俺が一番嫌いな人種だ。

ポジポジ病ってのは、トレードで優位性があるかどうかも微妙だってのに、無駄にトレード回数を増やして、資金を飛ばしていく病気だ。

だが、このポジポジ病ってのは厄介だ。

一日の取引が終わって、「なんて俺はバカなことをしていたんだろう」と思うわけだが、取引している途中は、自分なりには全部エントリーチャンスだった気になっているのだ。

この病気を治すには、「明日からこんなことはしない、決めたルール通りにやる!」と息巻いても無駄だ。

なぜなら、ポジポジしている間は、大真面目にルールに従っている気になっているからだ。

でも、一日が終わると、「何でこんなとこで入ってるんだろう」と疑問に思う。

 

その理由はな。

 

おまいらの目にバイアスがあるからだ。

 

「エントリーしたい、稼ぎたい!」と思いながらチャートをみていると、

脳が都合の良いようにチャートをパターン認識して、自分の理想のパターンの相似形に錯覚させてしまう。

だが、取引が終わってなんの思いもない状態でチャートをみると、

チャートがそのまま脳に認識されるので、変にパターンに相似させることもなくなる。

 

つまりだ。

結局の所、ポジポジ病を引き起こしているのは、おまえのやる気なんだ。

「稼ぎたい、上手くやりたい」というお前のやる気が、チャートを見る目にバイアスを引き起こす。

 

だから、最初は小額でトレードするのがいい。負けても勝っても気にならないような額だと、チャートを見る目にバイアスがでない。

バイアスが出てない状態で勝てない奴が、バイアスの少しは入る状態で勝てるはずがないだろう。

だから、最初はデモでもいい。とにかくバイアスから離れろ。

 

そして、トータルで勝てると五臓六腑に染み渡ってから、ロットをあげていけ。

俺はファンドだったので、最初からとんでもないロットだった。毎日はきそうになりながらトレードをした。

 

だが、そんなプレッシャーのある状態より、精神的に安定した状態のほうがトレードはよくなるはずだ。

 

俺はおまいらよりエリート街道を進んできたから、そういう逆境をはねのけられたんだ。

もし、おまいらが俺に勝つ自身があるなら、最初から大きなロットでやってみろ。

だが、責任は取らんぞ?

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら