一応、トレード手法としては、これで俺のルールを全て説明したことになる。

 

あ、勿論これで手法は一切語らないというわけではない。補足の話や、与太話は話そうと思ったらいくらでも話せるからな。

とりあえず、骨組の部分はこれで全てということだ。

とにかく、今日までに伝えたことを何度も復習し、検証し、実トレードに活かしてほしいと思う。

 

じゃあ最後の話なんだが、

 

今までルールの話では暗黙の了解のように、トレンド方向の押し目や戻りを狙うといってきたが、、

トレンドをどう把握するのかという話だ。

 

まず、最低知っておけというのは、いわゆるダウ理論てやつだ。

何も難しいことはない。

上昇なら高値を切り上げ、安値も切り上げ、下降なら高値と安値を切り下げていく。

こんなかんじだ。

trend

 

自分で作るのがめんどくさいので、ネットから拾ってきたやつだ。

まぁ、簡単に言えば、見た瞬間分かるだろって話だ。

 

ただ、実践では当たり前だが、こんなきれいな形をしたトレンドなんてほぼ形成されない。

ほとんど、ぐっちゃぐちゃだ。

特に、時間軸を小さくすると、トレンドっぽいのがでたりぐちゃぐちゃなレンジになったりを何度も繰り返す。

 

んで、俺はエントリー考えるときどうやってトレンド把握しているかなんだが、、

 

簡単に言えば、16倍の時間軸のチャートをみている。

 

俺は基本的に15分足でトレードをする。

なので、トレンド把握は4時間足だ。

これで、ダウ理論的なトレンドの方向に15分で押し目や戻りの節目での攻防をみて、良いローソク足が出たらエントリー。

 

これだけだ。

この前のだましと同様、ここは機械的には出来ない部分がある。

ただ、少し長めの時間軸の方向にエントリーするのが吉だろう。

前も言ったが、トレンドは続きやすいと考えるのが基本だからな。

 

さて、結構今まで書いてきたが、どれだけの人間がしっかり検証したりしているんだろうか。

 

まぁ、おまいらが儲かっていようがどうでもいいんだが、全く誰も参考にしてくれないのは悲しいからな。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら