これは、トレードを真剣にやっていれば簡単に気がつくことなんだが、

ロンドン時間最初の節目ブレイクはだましであることが多い。

節目の見つけ方というのは、俺が前に書いた4つの武器を使えば簡単に見つかるだろうからよしとして、、

俺が教えた押し、戻りのトレード以外に、ブレイクを狙うやつは気をつけないといけないことだ。

 

結局、押しや戻りというのは、ブレイクの観点でみるとブレイク失敗に賭けるということになる。

で、ロンドン時間のはじまりってのは、ブレイクが一番失敗しやすいところなんだ。

なぜかって、ロンドンの奴らは、とりあえず東京の奴らのストップをつけに行く傾向がある。

だからトレンドは上でも、いったん下のレンジ下にあるストップをつけてから爆上げってのがよくあるんだ。

 

これをあわせると、少しヒントが見えてこないか?

 

押しと戻りを狙うなら、ロンドンの辺りで出たサインってのはかなり確率が高い。

ブレイクを狙うなら、ロンドン始まってすぐのブレイクは見送り、次のブレイクで入る。

 

こんな簡単なことでも、結構だましってのは回避できるもんだ。

 

実際、相場ってのはほとんどだましの世界だ。教科書どおりにはまぁ動かん。

だが、逆にだましってのを味方につけてやれば、それ以外の大まかな動きは結局教科書ってことだ。

 

とりあえず、俺の言ったことを検証してみろ。

だましの回避法は人それぞれだ。勿論最適解はない。

ただ、検証した自分なりのだまし回避法ってのは、絶対的に信頼できるもんだ。

とりあえず、時間ごとの癖とかを、納得できるまで検証してみな。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら