逆だったらいいのに、買ったらそこが天井。売ったらそこが底。なんて経験はあるだろう。

そのたびに、なんて自分は馬鹿なんだ、もう死にたい、なんて思うこともあるだろう。

だが、実は、あんまり悲観することでもないんだよな、これは。

 

勿論、俺も負ける。というか、天井とか底とかは芸術的によく掴む。

それは何でかって言うと、多くの人間が意識するラインで入っているからだ。

 

俺の手法にしろ、なんにしろ、大抵はエントリーするとこってのは似通ってくる。

やっぱり節目でエントリーをしていくことになるし、トレードなんて結局2者択一のゲームなので、節目ではいると勝つときはいいが、負ける時は底か天井になっちゃうわけだ。

 

だから、実は天井とか底を掴んだときってのは、ラインとしてはいいところを見ているってことになるので、そんなに悪いことじゃないんだ。

その節目からあがるか下がるかは、トレンド分析とかなんやらかんやらで当てていくしかないんだが、節目すら掴めない素人は、そのレベルにも到達していないってことだ。

 

だから、天井とか底をつかんだときは、自分が節目をつかんだってことに少し誇りをもって、チャートを保存しといて、どうすれば勝てる方向に賭けれたかを後で考えていけばいいんだ。

俺の手法を勉強して、検証していったら、負ける時はあっけなく負けることがわかるだろう。

でも、それでいいんだ。結局勝つときにどれだけ勝てるかだからな。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら