トレードってのは、結局方向にかけるゲームだ。

オプションとかになると、ボラティリティに賭けたりもするが、基本的には上か下かに賭ける物だ。

んで、色々な手法を使って、世界中の奴が当てっこゲームをするんだが、これが中々難しい。

 

ずーっとトレーダーをやってると、だんだん当てるという行為そのものにむなしさを感じるようになる。

なぜかというと、結局当てられないということに気づいてしまうからだ。

あるときは当たるし、ある時は外れる。それを永遠にくりかえしていると、当てるという行為にむなしさを感じるようになる。

 

方向感がとても鋭敏についてくれば、それに越したことはないんだが、方向感よりむしろ、どこまで行くかってことの方が重要だったりする。

上にいったらそんなに伸びなさそうだけど、下に行けば青天井だな、とかそういう感覚だ。

長い時間軸のサポレジや、そういったものを確認していくんだが、伸びる方向感ってのがついてくれば、トレードはやりやすくなる。

 

伸びない方向でのエントリーはロットを調整したり、ストップを早めに切り上げるとか工夫をする。

伸びる方向なら、なるべく我慢してみる。

 

こういう感覚がついてくると、損小利大ってのが現実に出来てくるようになる。

こういうのは毎日の感覚と練習が必要なので、明日から少し意識してチャートをみてみるといい。

 

ただだらだらチャートをみていても目が疲れるだけだ。大切なのは、毎日なにかしら成長することだからな。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら