連日コメントを頂いて嬉しい限りだ。

負け犬から常勝トレーダーになるのは、決して簡単な道ではない。

俺が出来るのは、自転車でいう補助の部分だけだ。乗りこなせるかどうかは自分次第。

なので、勝てるトレーダーになったら、なによりもまず自分自身をほめてあげるといい。ブログのおかげではなく、自分の努力の結果だ。

 

ただし!勝てるようになったら感謝の意味をこめて、動画講座を購入しろ!がはは。

 

と、ここからが本題だ。

 

利確に関しては、一度書いたが、あまりにはしょりすぎて、ほぼ内容がない記事になっていたため、もう一度書こうと思う。

 

まず、エントリーとエグジットにおいて、大抵の素人はエントリーにばっかり気を使う。

だが、エントリーというのは、結局タイミング取りの問題であって、ルールにおける一部分でしかない。

 

なによりも大切なのは、エグジットなのだ。

エグジットが悪ければ、100pipsとれたトレードも1pipsで終わるかもしれない。逆に、エグジットがよければ、-100pipsになったかもしれないトレードが15pipsの利確で終わり得る。

結局、損や益を現実化するのは、全てエグジットであり、ここはルールにおいて、何よりも大切にしなければならないポイントなのだ。

 

だが、このエグジットは、かなり難しい。

前にも書いたが、実際感覚が結構ものを言う世界なのだ。

しかしそれではあまりに心許ないので、いくつか指針を提示しておく。

 

1.pipsで決めうち

このブログで公開している手法でエントリーするとき、俺は良くこのやり方をする。この決めうちに関しては、手法の部分で既に書いているので割愛。

2. エントリーした時間足でのレジサポで判断

自分がエントリーした時間足のチャートで、目に見えて引けるSRラインで、ストップ引き上げや利確を行う。ただし、どのSRラインを重視するかにかなり感覚が要求される。

3. インジケーターで判断

例えば、ボリンジャーバンドの2シグマや、フィボナッチの1.272など、目安となるインジケーターを決めて、それで利確。

 

俺は、手法ごとに利確タイミングも違っている。

公開しているものなら、既に書いている通り。

他に、ブレイクで狙うときは、一つ下のSRを抜けたら建値にストップを切り上げ、リミットまでまつ。大体リミットは、リスクリワード1:2から1:3程度の、二つ下のSRまでに収まるポイントに設定している。

また、節目でのパターンエントリーするときは、俺は基本的に決めうちでまず入るので、例えばWtopを見越して入るなら、ネックを割れたら建値にストップを引き上げ、一つ下か二つ下のSRまで引っ張る。

 

ただ、エントリーの基本がSRでの攻防なら、勿論エグジットの基本もSRだ。

いいエグジットとは、結局SRの攻防を見極めることにつながる。

過去検証するときも、エントリー地点のSRの次のSR,さらに次のSRと引いていき、どこでのエグジットが良かったかなど、検証していくといい。

 

まぁ、最初のうちは、一つ下のSR、もしくは2つ下のSRで機械的にエグジットしてみるなどして、見極める力を養っていくといい。

トレードに聖杯はないというが、あるとすれば、このSRでの見極めの勘だといえるだろう。

ただ、これは言葉で説明するものではなく、体得するものだ。何度も検証実践し、実力を深めてくれ。

 

朝オフィスでランニングをし、気分が良かったので少し長い記事になったが、まぁ参考にしてくれ。

 

あと、おれのツイッターなんだが、エントリーしたりすると、リアルタイムより少し遅れるが、毎回つぶやいている。

なぜ、俺が今日その通過でそこでその方向にエントリーしているのかを考えながらつぶやきをみると、結構勉強になるんじゃないかと思う。

また、勝率が大事なんじゃなくて、どれだけ勝つ時に取れるかが大事だということがわかるだろう。

 

最近まじめにトレード手法記事を投稿しているので、明日から金曜までは、ちょっとしたこぼれ話みたいなのでも話していこうかと思う。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら