さて、続きだ。

テクニカルについてもシンプルに枠組みで捉えていくのが重要なのと同じで、ファンダメンタルズも、枠組みでシンプルに捉えていかないと、結局なにがやりたいのかわけがわからなくなる。

様々なニュースが日々流れるが、それを全て追っていき、全てを情報として消化してしまっては、インジケーターを無数に表示させるのと同じになる。

レジサポが最も重要なのと同じで、ファンダメンタルズも、ある一定の枠組みを基本として、その枠内で考えていくことが大切だ。

 

んで、ソロスの錬金術から、俺はシンプルにファンダメンタルズの枠組みを捉えていくようになった。

もちろんこれだけが正解じゃあない。正解が無数にある世界だってのは良く分かってるだろ?

ファンダメンタルズもテクニカルと同じで、自分のルールにのっとって解釈していくのが大事だ。

つまり、俺が今から書いていくのは、俺にとっての、ファンダメンタルズのルールってことだ。

おまいらがそのルールをそのまま使うか、改良して考えていくか、もしくは無視するかは、おまいら次第で、責任は取らん。

 

んで、まず枠組みなんだが、為替レートってのは結局需要と供給だ。

これ以外に為替レートが動く要因はない。

もっとあっけらかんに言っちまえば、為替レートが動くってのは、資金の流出入があったってことだ。

 

これは、かなり大切なことだ。

「雇用統計が良かったので、ドル円が上がりました」ってのは、一見最もそうだが、本質はそうじゃない。

正しくは、「ドルが対円に対して買われたので、ドル円が上がりました」が正しい。

 

わかっとるわ、当たり前やろそんなこと、と言いたげだな。

だが、この当たり前なことが基本的には枠組みの基点なんだ。

 

資金の流出入というのは、二つの種類がある。

「非投機的資金取引」と、「投機的資金取引」だ。

非投機的ってのは、一方通行に近いマネーのことだ。例えば、貿易や、政府の介入、国の対外債務の利払いなどだ。

逆に投機的ってのは、俺たちのような反対売買前提のマネーのことだ。

 

まず、大前提として

 

為替レートは、「非投機的資金取引」と「投機的資金取引」の、資金の流出入で左右される

 

ってのを、軸に考えていく。

資金が流出したら、為替レートは下がるし、流入したら、為替レートは上がる。

 

んで、この資金取引に影響を与えるのが、いわゆるファンダであり、テクニカルだという枠組みだ。

じゃあ具体的にどうかって言う所で、まずこの2つの取引のどちらがより重要なのかだが、それは圧倒的に「投機的資金」だ。

日々の為替レートを決めるのに、非投機的資金量なんてほぼごみだ。だから、投機的資金の流れを見ていかなければならない。

 

ということで、更にこの2つの取引の枠組みをシンプルに決めていかなければならない。

それは、明日また書くことにしよう。

 

もしソロスの錬金術を読んだことがある人がいれば、俺の枠組みとソロスの枠組みとは若干違うことに気づくだろう。

それはさっきも書いたが、俺にとってのルールになっているからであって、別にどっちでもかまわんのよ。

 

俺にとって正しいか正しくないかは、学術的な話ではない。

トレードで勝てるか勝てないかだ。

 

で、極論買ってるから俺は正しいわけだ。だからおまいらも安心して俺の記事を読むが良い。

 

しかし、書いてて思ったが、ファンダメンタルズシリーズ長くなりそうだな。。あんまりファンダに興味ない奴も、ランキングぽちっとだけはしてくれ笑

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら