昨日、為替を動かすのは、「投機的資金取引」と、「非投機的資金取引」だってことを言った。

んで、この2つの取引の資金の流出入で、結局為替は動くわけだ。

いわゆるファンダとかテクニカルとかは、結局この資金の流出入に影響を及ぼす一要素でしかない。

 

だから、魔法の正解ってのがないんだよな。

毎回の資金の流出入がファンダ起因なのか、テクニカル起因なのか、それとも他の要素なのかってのは、確実な当たりをつけることはできない。

テクニカルに頼るってのは、つまりデイトレの資金の流出入において、最も影響を及ぼすのがテクニカルだっていう仮定をおいて取引しているわけだ。

だから、もちろん仮定どおりに行くときもあれば、仮定どおりにいかないときもある。それだけの話だ。

 

で、枠組みをシンプルにしていきたいんだが、まず重要なのは、「投機的資金取引」の枠組みだ。

一日の取引量のほとんどがこれなので、ここの枠組みを持てるかどうかが肝だ。

 

んで、俺はシンプルにこの枠組みを、

「投機的資金取引は金利と為替レートそのものに影響を受ける」

と捉えている。

 

金利は、今更だが、高金利通貨の方に資金は流入し、低金利通貨から資金は流出していく。

そして、為替レートそのものってのは、所謂テクニカル分析だ。

価格の動きそのものが資金の流出入に影響を与える。

 

なので、基本的に俺にとってのファンダメンタルズってのは、この金利に対する影響ってのが軸になる。

例えば、雇用統計が良いとか、小売売上高が良いとか、インフレ懸念とか、そういった類は金利を上げる方向に影響する。

なので、こういったニュースから、今マクロに各国の金利動向はどういう方向になっていくだろうと当たりをつけていくのが、まず基礎の基礎だ。

 

「非投機的資金取引」の枠組みは、おおまかに輸出入と政府介入(緩和含む)で捉えている。

ただ、今の現状、「非投機的資金取引」で考えなければならないファクターはほぼ金融緩和のみだろう。それ以外は「投機的資金取引」の渦に結局巻き込まれることになる。

 

枠組みの説明は以上だが、単純すぎてほとんどの奴が、

 

「金利動向が大切なんてしっとるわ!それをどうやって分析したらええかわからんからコマットルンジャ!」

 

という感想を抱くだろう。

 

まぁここまでは枠組みの説明なので、次回からは、具体的にどうやってファンダのニュースをトレードに活かすレベルに落とし込んでいくかを解説する。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら