前回までで金利動向が大切という話をした。

今回、具体的にニュースをトレードにどう活かして行くかという本質的な部分に入る。

まず、色々なニュースはあるが、基本的に抑えておくべき機関がある。

それは、金利、もっといえば国の金融政策を担っている中央銀行だ。

日銀、FRB、ECB、BOE、RBA、、

 

まぁとりあえずは、ここらが今どういう金融政策をとろうとしているのかを常にウォッチしておかなければならない。

例えば、FRBなら、金利引き上げで揺れている。

ここで、何をポイントにみるかというと、2つに絞る必要がある。

1つは、緊縮方向なのか、緩和方向なのか。

おおまかにでもいいかなら、このどちらに向かおうとしているのかを理解しておく。日銀なら緩和方向、FRBなら緊縮方向だ。

緊縮方向ならその通過は高金利通貨になるので、投機資金が流入しやすい。つまり、高くなりやすい。逆もまた然りだ。

 

まぁここまでなら、TVのニュースとか経済ブログとかをみている奴なら誰でもできる。

んで、もう一つ見なきゃいけないポイントは、

今、中央銀行の総裁は何を判断基準の主軸としているかだ。

 

たとえば、FRBのイエレンさんの記者会見や、議事録などは、そのヒントになる重要なものだ。

たとえば、最近だと、「雇用がいくらか(some)改善すれば利上げする」といった旨を話した。

この文章から2つのことを読み取らなければならない。

 

まずは、その次の日から、米国指標の主役は雇用の関係になる。

だから、今まで見向きもされなかった雇用コストや、ISMの雇用指数などが、いきなり注目されて、その数字がよかったことで急騰するわけだ。

そして、もう一つは、利上げに向かう姿勢を強調したっていう点だ。

実は、イエレンは前の言い方より少し前向きな言い方になっていたのだ。

なので、マーケットはもう利上げはするんだなという体で取引するしかない。つまり利上げまでは、基本参加者は買い目線でしかいない。

つまり、大きくは下がらないってことだ。

だから、ADPがクソ悪くても、あまり反応がなく、逆にISMなんかですごい高くなるんだ。

 

だから、各国の金利動向を、トレードに活かすには、3つのことを考える必要がある。

1つは、金利動向の方向性。これはまぁ最低限のことだ。

んで、重要なのは2つめで、今の主役をみつけるってこと。

米国だと今は雇用関係の指標だ。この主役の見つけ方ってのは、各国の中央銀行で一番力のある首脳の記者会見や、議事録をしっかり読み込むしかない。

そして3つめが、所謂センチメントだ。

これも、同じように各国の中央銀行の動向をウォッチして、仮説を立てるしかない。

例えば、昨日のBOEなら、とにかくこの一週間マーケットのセンチメントは6:3もしくは7:2になって利上げ方向の議員が増えるというコンセンサスだったんだから、買い方向で考えていく。

んで、実際は8:1で違ったわけだが、そしたら、それはサプライズになるんだから、迷わず売ればいい。

 

4回に分けて書いたが、具体的には結局今日の記事で書いたように、金融政策を決める首脳が何を考えているかを深読みして、自分で仮説を立てて、違ったら切っていくという作業を繰り返していくことになる。

 

ただ、ジョージソロスも書いているように、金利と為替レートそのものなら、為替レートそのものの方がはるかに重要なんだ。

だから、俺は基本的にテクニカルでトレードの判断をしている。

 

まぁ、アベノミクス前の円高から円安へのパラダイムシフトなんかは、ファンダメンタルズを追わなければそのシフトに乗り遅れてしまうことになる。

そういった大船をつかむという意味で、暇なときにファンダメンタルズの勉強をしてみるのもいいだろう。

ただ、まずはテクニカルで検証し、記録をとり、ルールを作り、安定して勝てるようになるのが先決だ。

 

ファンダメンタルズのお勉強は、それからでも遅くはない。

 

あと、俺が個人的に為替に影響大きく与える要素として、もう一つ考えているが、「株と商品」だ。

まぁただこれは金利よりさらに後付の理由探しになってしまって、あんまり為替相場のトレードには応用できないので割愛する。

 

まぁ、当たり前だが、為替の予想だけでも難しいのに、その予想を立てるのに株の予想や商品の予想をするなんて、無謀もいいとこなのが素人でもわかるだろ。

 

今日はかなり長くなったが、とりあえずこれでファンダメンタルズ講習会は終わりだ。

 

まぁ、来週からは盆休みだし、ブログも雑談中心になるだろう。しっかりこの相場を利用して、検証するように。

また、動画講座をしっかり作り始めようと思う。早けりゃ10月には出せるかもな。

このブログには書いていない手法やトレンド把握なども盛り込んでいければと思う。

 

あと、今日の雇用統計はどうなるか、結局丁半博打なんだから、リスク管理しっかりして退場とかばかなことにはならんようにな。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら