トレードの基本としてトレンドフォローてのがある。

なんでトレンドフォローのが優位性があるのかっていうと、トレンドには2つの優位性があるからだ。

一つは値幅だ。

トレンドが出来ているってのは、ダウ理論でゆうところの、高値や安値が切りあがったり切り下がったりしている状態ってことだ。

てことは、上昇トレンドであれば、上昇の幅の方が下降の幅よりも大きいということになる。

なら、取れる最大値幅は上昇に賭けた方が大きいってのは、誰でもわかることだ。

これで、まず期待値を構成する要素の値幅が大きいという優位性がある。

 

もう一つはトレンドは崩れにくいという優位性だ。

特に為替市場は大きな市場なので、今までの動きを日足とかでみたら一目瞭然だが、一度しっかりしたトレンドができると、中々反転しない。

単純に、一度トレンドができてしまうとそこに大きなポジションがたまっていくので、その金額を凌駕するほどの力を反対にぶつけるのは難しいんだ。

だから、大体為替は、トレンド→横ばい→トレンド を繰り返す。

大きくみると、今まで続いていた方向にトレンドが続く方が確率的に多い。

なので、期待値を構成する要素の、確率部分での優位性もあるということになる。

 

なので、トレンドフォローのが、結果的に期待値が高いんだよな。

分解して考えてみると、納得できるだろう。

 

なので、今まで負け犬トレーダーだった逆張りトレーダーは、順張りのトレンドフォローってのを勉強し始めるといい。

なかなかどうして、このトレンドフォローってのは奥が深いんだ。

分かった気になっても分かってないのが普通だ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら