誰にでも経験則ってのがあるだろう。

例えば、曲がり角の前では車が出てくるかもしれんからすこし歩く速度を緩めたり、いじりといじめの境界線だったり。

中には教えられた経験則、つまり古くからつたわる先人の知恵もあるが、自分でみつけた経験則もあると思う。

 

トレードを熟練していくというのは、ある意味この経験則を自分の中に増やしていく作業であるとも言える。

 

俺は、トレードを本格的に始めて、安定して勝てるようになったと実感したのは15ヶ月目だった。

だが、その当時から進歩が止まったわけではなく、核にある手法というか、哲学は同じだが、すこしずつ進歩していった。

安定して勝つことには変わりないが、当時よりも大きく勝て、勝率も上がってきた。

それは、やはり経験則が大きいと感じている。

 

例えば、ロンドン時間に一度東京、もしくは前日の高値安値を試してブレイクしてからのほうがしっくりきたり、パターンでも、これは危険、これはいいだろみたいな違いを雰囲気で感じたり、同期しているかどうかをどう見るかが経験的に分かってきたり。。

 

多分自分でも文章化できない経験則が、もっと俺の中にはあるんだと思う。ブログ、そしてまだないが動画講座を通じてなるべくこの経験則の部分も伝えていけたらと努力しているが、いかんせん全てを伝えるのは無理なんだろう。

 

過去検証で勝てるルール作りはできる。そして、それを愚直に実践してりゃトントン、もしくはちょいプラにはなるだろう。

ただ、その先にいくには、自分の中に経験則をもたなければならん。そういう経験則を積み上げれるような記録をしていかなければならん。

ルール作りですら難しいのに、さらにそこから努力しなければいけないなんて。。 と考えたそこのおまい。

何の世界でもその道の達人とか職人てのは、「毎日が修行です」とか「終わりはありません」とか言うだろ?

トレードの世界だけが例外なんてことはないんだよ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら