過去検証が終わると、実トレードをこなしながらの売買記録がはじまる。

この売買記録は、その記録の取り方で、すごい宝になる。

例えば、ほぼ確実に負ける手法があるなら、ストップやリミットを全て逆にしてトレードすれば、トータルでプラスになる自分だけの手法ができる。

まぁ結局勝ち始めると今度はまたルール通りにできなくなって負けることになるんだが。。

 

それとは別に、実際に入ったところだけではなく、気になった所、少し入りたかったけど怖かった所、怖くて切った所といったところも記録していくといい。

そうすれば、自分が入らなかった所に入っていたらどうなっていたか、切りたくて切ったところでポジションを残しておけばどうなったかなどが、数字として残ることになる。

 

大体、素人ながらに「エントリーが怖いな」「はやく切りたいな、怖いな」と思う時は、終わってみると後悔に繋がることが多い。

「ああっ入っておけば。。」「残しとけば。。」

そういったことを記録に書いていき、自分が怖い所がチャンスなんだと客観的に理解できれば、だんだんそういう本能的な怖さにあらがえるようになる。

 

そして、ふと、自分が怖いとおもった所が、終わってみると「やっぱり切ってて良かった」や「入らなくてよかった」になる方が多くなる時がくる。

そうなった時の怖いと思ったポイントは、今までとは違ったポイントになってることに気付くだろう。

そして、そうなった時が素人を脱出した瞬間だ。

 

素人が怖いと思う所がチャンスに見えて、素人がチャンスと思うところに怖さを感じる。 

大衆を出し抜くとはこういうことであり、それが勝てるトレーダーの条件でもある。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら