俺は時々ツイッターで「~のラインを監視」といったつぶやきをするが、この監視ってのはプライスアクションをみるってことと同義だ。

プライスアクションってのは何ら特別なことではなく、ただ価格の反応をみるということだ。

そもそもプライスアクションには2種類しかない。

それは、ブレイクするか反転するかだ。

じゃあ、プライスアクションをみて、ブレイクか反転かを予想しようとしているのかというと、少し違う。

 

そもそも、トレードってのは、ライン際で、もうロングかショートか入る方向は事前に戦略をたて、決めておくものだ。

最初から決めてんだから、そこでのプライスアクションでもっかい予想するってわけではない。

 

じゃぁなんでプライスアクションをみるかっていうと、確認なんだ

例えば、ライン際でpinバー雅出ると、反転方向に考えていれば、確認がとれたことになる。

だが、ポイントは、そのラインでPinバーが出たから入る、ではなく、ラインではPinバーが出るだろうな、あ、やっぱり出た、入ろう、で入るってことだ。

 

つまり、ライン際のプライスアクションで自分のトレードの方向を決めるのではなく、既に方向は決めており、その最後の確認にライン際のプライスアクションを見るってことだ。

 

この違いがわかるだろうか?

 

まぁ、何を言ってるか分からん奴がほとんどだろう。

逆に、この記事が何を言っているか分かってくれば、トレーダーとして成長してきたということだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら