昨日の続きだが、ずっとこの二つのインジケーターを使って教科書的なエントリーを続け、負け続けてきた。

そんなある日、社長に「インジケーターは、みんなが意識しているものという意味でしかない。つまり、壁でしかない。」という話をされた。

MAやBBは、教科書的に使うのではなく、その線の付近になると、ただ大きく反応されやすいもの。

だから、MAやBBがどうなったからどうだ、ではなく、むしろ、そのMAやBBのあるところが一番のエントリーチャンスだと。

 

そこから、俺はこの2つのインジケーターをただの壁としてみるようになった。

壁は、いつかはブレイクされる。だが、ブレイクされる確率より、跳ね返される確率のほうが高い。

特に、長期のトレンドとは反対方向なら尚更だ。そう考え、何とかチャートそのもののトレンドの把握と、インジケーターを有効に使うことによって、だんだんと利益を上げることができるようになってきた。

 

それ以降、フィボナッチやピボット、SRラインをその2つに応用していき、今は自分なりのスタイルを確立している。

 

俺はインジケーターに頼るのは悪いとは言わない。

今の俺はまずチャートありきで、そこからエントリーの確認としてインジケーターがあったってくらいのものだが、勿論それは長年の勘があるからだ。

まずはどんなインジケーターでもいいから、自分に合ったものを極めるくらいの気持ちでやるといい。

それは、どんなインジケーターでもいい。

勿論俺のブログの手法を参考にしてもいいし、今まで使っていたものでもいい。

ただ、長く長く使っていると、見えてくるものがある。

俺は社長に、「MAやBBは壁」という一言を貰って変わったが、はっきり言ってそれを最初に言われても、何がなんだかだっただろう。

成長には段階があり、どんな金言も、それを適切なタイミングで聞いてはじめて意味のあるものになる。

 

手法ジプシーにならず、しっかりと腰をすえて一つ一つのトレードツールに向き合って成長していけば、俺のブログもさらに意味のあるものになっていくだろう。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら