よく、トレードと似ているゲームとして、ポーカーが上げられる。

巷では、「ポーカーが強い奴はトレードも強い」といった、半ば証明された事象であるかのように平然とこの説が語られる。

 

ある意味、確かにポーカーとトレードは似ているともいえる。

自分の手札とフロップだけではなく、他の相手が何を考えているのかを考えたポジションシンキングも必要になる。

場のポジションと、自分の手札、そしてポットとオッズを考えて、複合的に最善の策をとっていくということは、長期の足から短期の足、プライスアクション、パターン、そしてリスクリワードを考えて最善の策をとっていくトレードと確かに似通っている。

 

だが、それでも、ポーカーよりトレードはフェアだといえる。

つまり、ポーカーでは手札が人によって違うし、どんな札が来るかは完全に運に左右される。

それに比べて、トレードはもう全てが参加者全員同じ条件だ。

同じチャートをみて、同じ情報を得て、勝負が出来る。

 

そういう意味では、トレードはより将棋に近いのかもしれない。

ただ、将棋のように、実力差があれば確実に一回一回の勝負でその通りの決着がつくという類でもない。

どんなプロでも、負けるときは負けるし、トータルで買っていくという概念はあまり将棋にはない。

 

そうなると。。。うーん。。

やはりトレードはトレードだな。

だが、どんなギャンブルよりもトレードはやる価値のあるゲームだ。

普通ギャンブルは勝ち続けるとカジノから追い出される。

ただ、トレードは絶対に追い出されない。自分が実力があれば永遠に他の参加者から資金をもぎ取り続けることが出来る。

 

勿論そうなるまでに、かなりの時間を費やす必要があるんだが。。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら