やはり、なんだかんだ物事を上達するには、好きにならなければならない。

どんな物事でも、上達し、極めようと思ったら努力が必要だ。

この努力ってのが曲者で、きらいなことは努力できない。

 

勿論人には才能があり、才能の度合いによって、実力が停滞するまでの時間は変わってくる。

才能があるものは、努力がある程度までそのまま反映されるし、才能がないものは、なかなか努力が実を結ばない。

 

だが、才能の如何に関わらず、必ずその人なりの壁というものがいずれ立ちはだかり、その壁を超えるのには大きな努力を必要とする。

勿論、溢れた才能があれば、壁にたどり着く前の段階でトレードにおいてトータルでプラスになる段階にたどり着けるかもしれない。

しかし、そんな人は一握りで、ほとんどがトータルプラスにたどり着く前に大きな壁があり、そこを超えるのに努力が必要になる。

 

英語の勉強や、スポーツの練習なら、まだ少しは上達が意識できるから努力のしがいもある。

だが、トレードってのは、このトータルプラスを超えるまで、目に見えた成果がでない。

なので、自分の努力している方向があっているのか、自分は本当に成長しているのか不安になる。

そして、壁を超える前に嫌になってやめてしまう。

 

こういう不安は誰しもが感じるものだ。これを超えるにはトレードが好きでなければならない。

トレードが好きだと、多少の成長の不安など気にならず、努力を継続できる。しかも、好きだから上達しないのが悔しいので、しっかりと一定水準以上の努力を続けられる。

 

結局俺のファンドでも、生き残っている連中はチャートを一日中眺めていられるような、ちょっとした中毒者の連中だ。

一日十分の努力でどうにかなるほど甘い世界ではない。

 

トレード以外でも、お金を稼ぐ手段なんて世の中に腐るほどある。わざわざトレードなんていう先の見えない、道のりの長い世界に入る必要はないし、だれも入ってくれなんて頼んでいない。

まだ負けている人は、もう一度自分に問うといい。本当に自分はトレードが好きで、努力を続けられるのかと。やめておくなら、傷が浅いうちがいいぞ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら