ブログランキングの順位が落ちてきた。

モチベーションを保つため、みんな、ぽちっと頼むぞ!!

 

さて、トレードをやっていると、バイングクライマックスや、セリングクライマックスという現象によくお目にかかる。

ローソク足が一気にのび、かなり強くこのまま伸びるかと思いきや、それでもう買い方や売り方がいなくなり、一気に反転していくという現象だ。

こういう現象は、特に大きな節目の近くで起こる。

上昇からのバイングクライマックスなら、プロのトレーダーの連中は、買っているなら大きな節目で利確しようと思うし、売りたい連中は節目で売ろうとするからだ。

なので、節目までの間は、素人が集まりやすく、一気に値が伸びる。そして、素人はその足が強いと思って安心するが、それもつかの間、節目に到達した瞬間買いと売りの勢力が変わり、一気に反転していくこととなる。

こういう、節目までのクライマックスが起こりやすい部分を、真空地帯と呼ぶ。プロが全く手をださない価格帯のことだ。

 

トレードの時、ローソク足の強さを確認してエントリーする奴は多いと思うが、エントリーする前に、自分が入ろうとしている位置は真空地帯の可能性がないか考えてみることだ。

真空地帯なら、ローソク足は強いんじゃなくて、ただ、エサをぶらさげられた罠にかかろうとしているだけだ。

こういうことを理解するという上でも、相場においてサポレジを把握するのは、どんなトレーダーにも有益なことになる。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら