良いトレードと悪いトレードを考えるとき、儲かるか損するかで分類することは一概にはできない。

良いトレードとは、期待値がプラスの売買ルールのセットアップが出来たとき、速やかにエントリーして、かつエグジットのルールにもしっかりとのっとった一連のトレードのことを言う。

これは、勿論個々のトレードでみると、損失で終わることもある。

完全にルールにのっとってトレードをしたとしても、トータルで考えると期待値がプラスなだけで、一つ一つのトレードはマイナスで終わることもあるからだ。

 

逆に、自分の勘のみでエントリーして、たまたまものすごく勝つこともある。

これは、いわば悪いトレードなのだが、儲けで終わるわけだ。

特に、ボラティリティの高いときのブレイクは、適当に入っても結構勝てるものだ。

 

経験を積んでくると、勘頼みのトレードも悪くないことになることが多い。基礎が出来上がっているので、エントリーしたあとで、「あ、よく見るとこのテクニカルもこうだし、結構いいエントリーだったな」なんてこともある。

だが、初心者のうちの勘だのみのトレードは、ほぼ確実に悲惨なことになる。

 

だから、まずは良いトレードを増やして悪いトレードを減らさなければならない。そして、良いトレードとは、ある一定の売買ルールに基づいているものであり、悪いトレードは、売買記録に書くこともできない適当なトレードのことだ。

ただ、この良いトレード≠儲かるトレード なところが、トレードの最も難しい所だ。

つまり、良いトレードを重ねることのできるしっかりと規律あるトレーダーになっても、それが利益として手元に見える形で残るとは限らないわけだ。

何度も繰り返せばトータルプラスになっても、ドローダウン時期はかなり負けが込むこともある。

 

だが、成長したければ、良いトレードを繰り返すしかない。

そうやって長く辛い時期を経ることで、良いトレードがそのまま儲かるトレードになってくる、安定したトレーダーへと成長することができる。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら