トレードは難しい。それは誰もが認めるところだ。

だが、今もし誰かに、「あなたはトレードを難しいと感じますか?」と聞かれると、「いや、別に難しくはない」と答えてしまう。

安定して利益が出るまでは、それこそ様々なことを学ばないといけないし、学ぶと同時に実践し、記録し、検証し、ブラッシュアップを重ねないといけないし、精神的な負荷も相当なものだし、本当に難しいと思う。

 

だが、一度安定していくと、「こんなものか」という感じになる。

手法の微調整(いつもより深く待ってみたり、パターンをきつくしてみたり、手法の割合を変化させてみたり)はするが、根本の所はべつに変わっていないし、ほぼルーチンワークのようになってしまう。

勿論、今ですら建値決済がほとんどだし、相場を自在に乗りこなしているという感覚は全くない。むしろ、あっぷあっぷいいながら必死につかまって、気づけば利益が残っている感じだ。

だから、難しいはずなんだが、「別に相場ってこんなものだしな」という感覚で、むずかしさに悲観的になることもない。

 

真剣にトレードをしていると、どうしても相場のむずかしさにへきえきとしてくる。それは、相場を当てようという姿勢からくるものだ。

相場なんて当てようとしても当たらないもの。期待値プラスのルールにのっとってさえいれば、いずれ気づけば利益がつみあがる。その状態になっても別に「相場を攻略した!」なんて気持ちにもならない。

 

真剣に向き合い、自分を改善していく気持ちも必要なんだが、どこかで、「完璧を諦める」気持ちがないといけない。

完璧主義者はトレードでは負け犬になってしまう。たとえどれだけ努力していたとしても。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら