よく、「方向さえ合っていれば、タイミングなんていつでもいい」という人がいる。

上昇トレンドだと分かっているのならいつ買っても利益になるし、下降と分かっているならいつ売っても利益になるという。

一見最もそうに聞こえるし、1ヶ月とかの単位でトレードするポジショントレーダーならまぁそれでもいい気はするが、デイトレーダーでこういうことを言ってる奴は信用しないほうがいい。

 

イントラデイでトレードする上で、何よりも大切なのは、タイミングだ。

タイミングがよければ方向の間違ったトレードでも建値で逃げ切れるし、方向の合うトレードなら多くの利益を享受できる。

俺は方向はほとんど当たらないが、エントリーするタイミングだけは上手い方だと自負している。ほとんどの間違った方向のトレードをなんとか建値決済や、少ないロスカットで乗り切り、時折運よく方向があっている時にしっかりと取る。

 

実はトレード手法ってのは、タイミング計りがほとんどなのだ。だから、手法はなんでもいい。理由はタイミング計りなだけであり、上手くはまれば勝てるから。そして、上手くはまるかどうかは誰にも分からないから。

そう考えると、上手く相場を当てようとして手法にこだわるのは馬鹿らしいはずだ。テクニカルとかをこねくり回して方向があたることはない。むしろ、方向なんて素のチャートをみて「上っぽい、下っぽい」でもいいくらいだ。

だが、タイミングはいつも同じでないとだめだ。だからこそ検証になる。そして、自分のトレードルールにあったタイミング取りが身につくと、聖杯になる。

とにかくトレンドフォローでバンドウォークブレイクなら、そのタイミングの取り方があるし、押しや戻りでのトレンドフォローならそのタイミング、完全な逆張りトレードでもそれにあったタイミングの取り方がある。

 

これから本などで勉強する時は、自分のやりたいトレードを頭に描いて、そのためのいいタイミング取りができそうな手法を勉強するといい。

 

スイングトレードやポジショントレードだと方向を当てないといけない、言わばデルタを当てにいかなければならない。俺が中長期のトレードが嫌いなのは、中々デルタを長いタイムスパンで当てることが出来ないからだ。

イントラデイでやるのか、スイングでやるのか、目指すトレーダー像によって勉強することは違ってくる。

 

よく、イントラデイは難しいからまずは2,3日のスイングからというやからがいるが、これも信用しない方がいい。スイングとデイは別物の難しさだ。どっちも難しいし、そもそも投資に簡単とかはない。

 

スイングが簡単ならスイングやってるトレーダーはデイトレーダーより勝っている人が多くなければならない。

スイングとデイでは10倍くらいタイムフレームが違う。

例えば1年トータルプラスのデイトレーダーと、10年負けなしのスイングトレーダー。さて、どっちの方が多いと断言できるだろうか?

 

自分が入る世界はどっちがいいのかはしっかりと決めてからこの世界に入ったほうがいい。そして、デイトレーダーならば、タイミングを磨く職人にならなければならない。

次のブログでは、今度はエッジという観点から、デイトレードとスイングトレードに関してみて行きたい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら