マーケットはマーケットなんだからと言って、どんな市場でも同じようなトレード法で勝てるというと、実は少し違う。

例えばFXだと、トレンドが長く続きやすかったり、テクニカルの動きが比較的素直に出やすかったりする。

株だと、ギャップがよくあくし、レンジになりやすかったり、テクニカルのパターンに偏りがでやすかったりする。

 

FXと株の大きな違いは、参加者、つまり流動性の高さと市場の連続性、そして情報の非対称性だ。

勿論、FXで勝てるようになったら、株や商品先物でも基礎ができているので、比較的早く勝ちやすくなるとは思う。

だが、マーケット毎のくせがちがうので、そういった要素を鑑みて微調整をしなければ、どんなマーケットでも確実に勝てる、ということはないだろうと思う。

 

と、言ってるんだが、俺は実は株や商品はほとんどトレードしたことがない。

昔少しだけ株をかじったが、やっていたことと言えば、ボラティリティブレイクアウトに出来高分析を混ぜたかなり簡単な手法だ。

当時はこれで結構勝つことができていたが、FXに応用してみると全く勝てないし、逆に今のFXのやり方を単純に株のチャートで応用してみると、中々手法に合う銘柄を見つけられない。

 

あまり色々なものに手を出すのもよくない、ということをマーケットの魔術師に書いていたのだが、少しづつ自分のトラックレコードと幅を広げていく意味でも、今後は個別株も少し自分の口座で試してみようかなと思う。

投資銀行時代のバリュエーションの知識など、色々とマーケットに応用してみたいアイディアはあるんだよな。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら