結構昔からあるMACDのシグナルとして、MACDダイバージェンスというものがある。

詳細は他のネットに落ちている情報に譲るが、簡単に言うと、価格の上がり方とMACDのヒストグラムが相関しない時のことだ。

つまり、価格は高値更新、もしくは前回の高値に近付こうと上がっているのに対し、MACDヒストグラムは高値を大幅に切り下げている、こういう時は売りシグナルで、反対の時は買いシグナルという奴だ。

で、結論から言うと、これはまぁ役に立つ。

反転の時は大体このMACDダイバージェンスが起こっているのは確かだ。だが同時に、一つやっかいなことがある。

 

それは、反転しない時もMACDダイバージェンスが起こるし、MACDダイバージェンスが起こっていないのに反転することもあるということだ。

全てのMACDダイバージェンスを集め、適格にストップ幅、利確幅を設定していけば、多分トータルプラスのルールが作れるんだろうと思う。

でも、俺は使わない。何故か。

 

いや、別に否定したいとかではなく、単純にこれパターンでいうwtopとかwbottomと変わらんって話だ。

んで、別にMACDダイバージェンスが起こっているwtopと怒っていないwtopと比べて、統計をとってみて確率的に優位な武器にならなかったから、使っていないだけの話。

確かにwtopなどのパターン認識がほとんどできない代わりにMACDダイバージェンスが起こっているおかげで反転した、みたいなこともあるのかもしれないが、別に確率的にはどっこいどっこいだろう。だから、俺は自分のやり方に素直に、使わない、という判断を下しただけのこと。

 

ただ、別にこれで俺はMACDダイバージェンスを否定したいわけではなく、最初に触れていたのがパターンではなくMACDダイバージェンスなら、こっちを採用して、ルールを作っていたかもしれないということ。

俺はファンドで最初に社長から、なるべくオシレーターを表示するなと言われたいいつけを忠犬のように守っていたからこういうことになったが、特にそういう偏見がなければ採用していたかもしれない。

実際、このダイバージェンスをルールに取り入れて勝っているトレーダーがうちのファンドにもいるし、世界中にいるんだろう。

 

このMACDダイバージェンスは、オシレーター嫌いの俺が認めるくらいだから、使い方次第で役に立つものだ。勿論自分でルール作りのために検証が必要なことはもうわかっているだろうが。

レジサポやパターンなど、裁量の部分を出来るだけ消したい(ゼロにはできないだろうが)人には最初に学ぶのにお勧めのテクニカルだと思う。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら