いざ、節目で逆張りを試そうとすると、抜けまくる抜けまくる。しかも一回に結構ロスカット幅を置いていたため、全く勝負にならない。

そもそも、これじゃ上がったら逆張り、下がったら逆張りで自分が何をしたいのかよくわからず、ただただ相場に翻弄されていた。

そこから、自分がもともと理系なのもあって、ちょっと徹底的に理論武装して考えていこうと思った。

結局相場なんて買い注文と売り注文でできていて科学ではないのだが、少しは理論的に納得できると心の支えになる、ということで考えていった。

 

まずは、やっぱり結局逆張りをするにしても、どっち方向にも節操なくやっていてはだめで、その日のトレンドを意識しなければならないというごく当たり前のことを考えた。

で、FXの市場はやっぱりずーっと昔から追っていると、トレンドが結構続く(特に日足で)傾向にあり、それがまず大きな特徴だと考えた。

これがなぜ起こるかと考えると、まぁ推論だが、FXは世界で最も参加者数、取引金額が大きい市場であり、一度できた流れを解消するには、それを打ち砕くだけのさらに大きい力が必要になる。

で、取引金額が大きい分、その力ってのがかなり巨大なポジションでなければならず、だから、明白にトレンドを変える理由がない限り、トレンドは基本的に続くと考えてい良いのではないか、と考えた。

で、その大きなトレンドの流れを作るのが所謂ファンダメンタルズ(金融政策)であり、基本的にデイトレードするのであれば、そのトレンドに乗っかりさえすればいい、と考えたわけだ。

 

そこから、ファンダメンタルズの勉強は、相場の大きな流れが何故今こうなっているのか、ということを理解するためのいわば好奇心を満たすために

続け、基本的にはチャートをみて、長い時間軸のトレンドが続くと考えて、そのトレンドの方向でのみエントリーを考えよう、という形になった。

 

次にやるべきことは、じゃあ今どういうトレンドが出来ているのかというのを理解するためのフレームワークだ。トレンドのとらえ方、定義が毎回変わっていると、結局やりたいことが定まらずぐちゃぐちゃになってしまう。

そこで眼をつけたのが、やはり相場の世界で何年にもわたる時の試練を勝ち抜いてきた、最も古い理論の一つである、ダウ理論だった。MACDやMVAも考えたのだが、社長からインジケーター禁止令がでていたので、生のチャートだけを使って理解できる枠組みを勉強するしかなかった。

そして、そこからはダウ理論を用いて相場のトレンドを把握することを練習していくことになった。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら