よく、日本の投資家はレベルが低いという話を聞く。

欧米の投資家に比べて、日本はレベルが低い。このままだとずっと欧米にお金を吸われ続ける。だから本物の情報を手に入れたかったら欧米に倣えといったものだ。

だが、これは本当なのだろうか?

日本は負け組ばっかりで、欧米は勝っている?いやいや、それは違うだろ。日本も欧米も等しく負け組ばっかりだ。別に際立ってレベルの高い投資家だけが集まる国なんてねぇよ。

そもそも9割まけるのに、欧米が勝ちまくってたら日本の人口考えてありえないだろ。

 

ただ、確かに日本には欧米と比べて、レイダリオやポールチューダージョーンズのようなスーパーマネージャーがでてきていないのも事実だ。

だが、これは国の規制や、日本での投資家に対する地位、認知度、税制、言語の壁など、色々な要素が組み合わさった結果であり、決して日本の投資家がレベルが低いということではない。

日本がFacebookを出せなかったのは、日本のレベルが低いから?

それは違う。そもそも人口が違うんだよ。日本のmixiは戦略が悪かったとかいう奴もいるが、日本みたいな島国のコンテンツは結局まねができるなら欧米の資金力と集客力、潜在的な顧客数(ユーザー数)に負ける。

独自の品質や独自の技術に裏打ちされないと、日本が世界をけん引することは、どうあがいてもできない。投資ってのは資本集約されてるから、資本の量が圧倒的な米国に負けるのは当たり前なんだ。

だが、それは決して日本の投資家のレベルが低いということとイコールではない。

 

日本人の書いたトレード本は役に立たないものが多いことは事実だ。だが、著者を見ればわかるが、そもそもトレーダーが書いているものが圧倒的に少ない。アナリストとかそういうしょうもない奴が書いている本が日本では売れるんだから、結局意味のない本ばかりになるのはしょうがない気がする。

ただ、それは海外の本だって同じだ。何を役に立つとするかの定義によるが、本当に役に立つ本なんて数えるほどしかない。しかも、どの本をとっても、「この本を読めばあなたも次の日から常勝トレーダーになる」みたいな魔法の本は存在しない。米国、日本関係なくだ。

 

結局こういう文句をいう奴は、そのあと「欧米で認められたアヤシイ商材」を売りつけてくるんだろう。

商売なんだから、気を引くセールスレターを書かなければならないのはわかるが、それでも日本をばかにするような書き方をされるのは気に障る。

何度も言うが、勝った瞬間、何の努力もなしに勝てるようになることなんてないし、そんな魔法の商材はない。

今までの人生で、楽して稼げる、楽して勉強ができるようになる、楽してスポーツができるようになる、、、様々な甘い言葉があったと思うが、一つでも本当だったことがあるか?

トレードなら、、今回こそ本物じゃないか、、、なんて考える奴は、トレードを馬鹿にしすぎだ。

 

トレードは仕事なんだよ。仕事にチート攻略本はないんだ。細かいこと、しんどいことの積み重ねでしか絶対に成功しない。

このブログを熟読している人にそんな人はいないと思うが、もし甘い言葉に騙されそうになったら、もう一度、「トレードは仕事」であることを思い出してほしい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら