よく、似非トレーダーに限って、「方向があっていればエントリーはいつでもいい。重要なのはエントリーではなく、手じまいや、心理だ。」という奴が多い。

昔タイミングと方向についての記事を書いた気がするが、誓って言うが、エントリーは重要だ。いつでもいいなんてことはない。

俺は売買ルールは何でもいいといった。検証して期待値プラスに持っていくことが出来るようになるならなんでもいいと。

 

巷でも売買ルールは何でもいいという奴は多い。本当にわかっていっているのかどうかは知らんが、売買ルールは何でもいい=エントリーはどうでもいい では断じてない。

検証して期待値をプラスにもっていくというのは、かなり緻密な作業だ。その売買ルールには、エントリーのタイミング、ストップの置き方、トレイリングストップの置き方、リミットの置き方、果ては時間やポジションサイズ、様々な制約を上手く組み合わせることによって、カーブフィッティングではない期待値をプラスにもっていけるルールというのが出来上がる。

勿論、大体のルールが、エントリー方向の判断とタイミングからなるわけだが、ここでそのタイミング、つまりエントリーが適当であれば、リスクリワードががらっとかわるし、期待値は大きく変わってくる。簡単にマイナスにでも突入するだろう。

 

だいたい似非トレーダーはめちゃくちゃきれいなチャートをだして、それで、「どうだ、どこで入っていてもロングなら利益はとれた。だからエントリータイミングは重要じゃなくてトレンドにのるのが重要なんだ」みたいなことを言う。

たしかにトレンドの方向に乗り続けるという概念は重要だと俺はトレンドフォロワーだから思うし否定はしないが、でも、どこで入ってもいい強いトレンドってのは、エントリーする瞬間にはわからない。

いつだってエントリーするときは未来は見えない。真っ暗だ。その中でなんとか出来るだけ少ないリスクでトレンドを捉える努力をし、違ったら切って合ってたら伸ばすという努力をし続けるのがトレードだ。

ここで、適当なところでエントリーしていては、一回のロスカットが大きくなりかねないし、来るべきしっかりしたトレンドまで耐えられない、もしくはそのトレンドにのれても少ししか稼げないという事態が出てくる。

 

アベノミクス相場で一気にドル円が上がった時のチャートをだして、「ほら、このチャートを見てください。トレンドにのればいつ仕掛けても大丈夫なんです。簡単に利益はでます。なので、皆さんにトレンドを掴むこの手法を伝授します。」みたいなことをいう奴はあまり信用しない方がいい。

トレードってのは毎回そんなトレンドを掴めるものではない。むしろ掴めるときは幸運だ。ほとんどは地味な作業の繰り返しだ。

そこんとこをしっかりとわかって、本当に苦心して利益を安定させてきたトレーダーなら、間違っても「エントリーはどうでもいい」なんてことは言えない。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら