会社がばたばたというのもあるが、基本的に普段ファンドではこの時期はいつものようにトレードはしない。

やることもないのでバカンスに行くまでの間は小さいポジションでトレードをしたりはするが、基本的に大きく張ることがないのが通例だ。

理由は、やはり流動性が少なくなること。海外勢がクリスマス休みに入り、そのまま年末へと突入していくので、相場として少し動きが特殊になりがちなことが一番の理由だ。

今年も12月が始まってからは、2,3度しかトレードをしていない。しかもいつもよりだいぶ小さなロットで。

 

だが、今年は皆さんご注目のFOMC金利発表がある。さすがに知り合いの機関トレーダーに聞いても、今年に限っては休み返上でトレーダーが出勤する予定らしい。

まぁ、俺は会社の事情があるので、例年通りちょこちょこトレードしながら、がっつり休ませてもらうが。。

 

ただ、相場展開的には今月は月初からかなり面白い動きをしている。

基本的に11月はとりやすかったが、今月は一筋縄ではいかなさそうだ。

だが、こういう時こそ過剰なリスクはとらず、今までのトレードルールで慎重にトレードをする練習となる。

 

勿論従うルールによって差はでてくるだろうが、個人的には今年は8月は難しく、11月はやりやすかった。だが、難しかろうがやりやすかろうが相場は相場、デイでトレードするなら、安定して勝つために努力しなければならない。

勿論、負けたくないからといってルールをカーブフィッティングさせてはいけない。だからといってほいさほいさと甘いチャンスも固いチャンスも全てエントリーしていては少し厳しくなる。

この辺りは経験によるものが大きい。裁量でやっているとどうしてもそういった経験による感覚ってのも大事になる。

だが、メルマガをやっていて質問を受けるたび、今まで以上に文章化しようと努力するようになった。感覚をなんとか文章化する。

勿論無理なときは無理だ。ただ、これを重ねていくうちにもっとその感覚ってのを厳密なルール化出来ていけばいいと思っている。

 

でも、そうやって文章化するたびに過去のトレードのキャプチャを遡ってどんどん見ていくと、「あー、この時俺ちょっといつもよりタイミングはやいな」とか「いつもよりちょっと遅いな」とか「ちょっとストップの位置がイレギュラーだな」とかやっぱり色々と変えているのを見つけてしまい、自分の文章化した感覚が一般化出来ていない矛盾に気づく。

 

多分、全部に合理的な説明を付けるのは無理なんだと思う。「正直これは。。直感です」っていいたくなる時もあるものだ。

でも、そうして諦めるのではなく、なるべく共通項、自分でも文章化できない感覚の共通項を見つける努力をすることで、また新しい発見が出来るのではないかと最近ポジティブに考えている。

そういう意味では、ブログやメルマガをはじめたことは、最初は「トレードしてない時間の暇つぶし+少しお金が儲かればいいかな」だったのが、自分のステージアップにつながっているんだなと感じ、有難く思うようになった。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら