久しぶりに、書籍紹介でもしようかと思う。

いや、別に新しくもなんでもないし、かなり評判が昔から高い本なのだが、「先物市場のテクニカル分析」という本だ。

噂には聞いていたが、実は俺は読んだことがなく、この前所用で東大に行ったとき、久しぶりに書籍部にいってみたら、この本が置いていたため、「大学の書籍部にこんなのを置くのかw」と思って手に取ってみた。

昔ペンシルバニア大のウォートンに遊びに行ったとき、そこの書籍部でタートルズの本があるのをみて、同じような感想を持ったが、良い本だと投機関連でも大学は置いてくれるのかもしれない。

 

で、立ち読みだったんだが、やっと評価の高さの理由が分かった。というか、むしろこの本が評価されているのに違和感を感じたくらいだ。

様々なテクニカルの手法が、しっかりと一つ一つ解説されており、ちゃんと体系的に一つ一つテクニカルを学び、その中から自分に合ったものを探していきたい真剣なトレーダーにはかなり参考になる本だと思う。

だが、勿論そういうちゃんとした本なので、「このテクニカルとこのテクニカルで必勝」みたいなことは書いていない。むしろ、少し後藤憲一氏のシリーズである詳解物理演習シリーズに似たところがある、学術書のような雰囲気だった。(この本は学生時代にお世話になった)

こういう本をちゃんと評価しているトレーダーは、そこそこ信頼できるんじゃないかと思い、そう考えると日本にも真剣なトレーダーがまだまだいるな、とこの本を読んでいて嬉しくなった。

 

ということで、勿論ちゃんとは読んでおらずぱらぱら読みだが、自分の武器がまだ定まっていないが、これから探していきたい者、また、もっと自分の使っているテクニカルについて詳しくなり、自己の判断に役立てたい真剣なトレーダーは、一読をお勧めする。

 

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら