今日から相場の初心者講座を始める。全部書き終わったらどこかにまとめようと思う。

とりあえず、このシリーズを読めば、相場で生きていく基礎体力はつけることが出来るような内容にするつもりだ。

一つ一つは長くないが、何度も同じテーマで記事を書くと思うので、根気強く読んでいってくれればと思う。

ちなみに、既に勝ち始めている奴はわざわざ読まなくても大丈夫だ。自分のトレードに集中してくれればと思う。

 

相場を見ていく上で、まず理解しなければならないのが、支持線と抵抗線だ。

支持線と抵抗線、所謂サポートレジスタンスだが、こんなものは皆理解すべきことであり、「私はオシレーターしか使わないから」とかそういう類の言い訳はやめて、自信がない人は勉強した方がいい。

サポレジってのは、算数の四則演算みたいなものだ。その先の数学に進むためには、出来て当たり前、出来なきゃ進めないというレベルのもの。

では、なぜ俺がそこまで重要だというかというと、サポレジこそ全世界のトレーダーが見ている、未来永劫変わらない、最強のテクニカルであり、かつ最も価格の反応をみることができる重要な武器だからだ。

どんなパターン、ダイバージェンス、魔法のオシレーターも、サポレジが見れなければ意味はない。重要なサポレジにおいて何が起こっているかを考え、リスクを賭けるのがトレーダーの仕事なのだから。

 

サポートとレジスタンスに、「こう引かなければならない」という決まりはない。たとえば俺は、前日の高値安値や、東京時間の高値安値など、重要な時間の区切りの節目は一つのSRに使っている。

そのほか、所謂サポートレジスタンスの転換が起こった、若しくはこれから起こりそうな価格の節目も重要なサポートレジスタンスとなりうる。

そして、時間軸ごとに無数に引くことが出来る。一度やってみるといい。

 

こういうのはまず練習であり、何度も反復して、自分の型をみつけていくものだ。最初は俺もものすごい量のラインを引いて、だんだんとしぼっていった。絞っていった理由は、自分のエントリー、エグジットには用いないから。

だから、俺のルールだと引かれているラインは今は多くない。勿論それは人のルールの数だけあると思う。

まずは、ごたごたと言わずに、ラインを引いてみるといい。それこそ色々な時間帯で、色々な通貨で、色々な定義で引いてみるといい。

 

グレーゾーンの話はしたが、別に確実に反応する魔法のラインをみつけろというのではない、当たりがつけれそうな、反応しそうな、そういうラインをいっぱい引いてみるんだ。

ここでくじけるようじゃ確実に相場の世界で生きてはいけないからあきらめるといい。まずは、ラインを自分で引けるだけ引いてみる。それこそおもちゃで子供が遊ぶように。

 

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら