さて、前回で話したことを、個々人考えただろうか。

まずは、価格が反応する水平ラインを引く。その上で、

1 全て逆張りでラインを使うのなら、トレンド相場のトレンド方向のラインでは最悪の結果。それ以外は最良の結果

2 全てブレイクでラインを使うのなら、トレンド相場のトレンド方向のライン以外では全て最悪の結果

3 個々のラインごとに、ブレイクと逆張りを使い分けると、最高の結果

 

となるのだが、自分だったらどのようにラインを使うかを考えてくれといった。

この前不正解は無いといった通り、不正解はないし、正解もない。では、今から俺の意見を述べる。

 

俺は、この命題にぶち当たった時、最初は全部逆張りすればいいじゃないかと考えた。そりゃそうだ、確率的に1が一番上手くいく場合が多い。だってトレンド相場のトレンド方向のラインでの逆張りさえストップをしっかりしていればいいわけだから。

だが、考えてみてほしい。例えば今自分はラインを多く引いたとする。そして、全てで逆張りしていたとする。では、いったい全てとはどこまでのことを言うんだろうか。

そもそも、時間軸毎にトレンドの方向が変って見えることなどザラだ。では、全てのラインで逆張りしているはずが、ある時間軸ではトレンド方向の順張りになってしまっているということも考えられる。

 

ならば、全てブレイクなのか。そうなると、先ほどの疑念が再燃する。そもそも、自分が引いた大量のライン全てでトレードするなど現実的なのだろうか。

 

ラインは、まずトレードをやるなら必ず勉強しなければならない基礎だ。だが、ラインさえあれば、ラインだけが必勝法なのか。それは違う。トレードは単純だが、簡単ではない。

ためしに、自分が引いたラインを見て、一日のトレードでどのように行動すれば自分が利益を得れていたかを考えてみるといい。

ラインごとに、的確な判断をしなければ、簡単にお金がなくなってしまっていくことが、手に取るように分かるはずだ。

 

どういうことかというと、たとえば、あるラインに注目すると、何回も手前で反転し、だがそのたび切り変えし、一瞬ブレイクしたが、また戻って、その後大きくブレイクする、といったラインがあると思う。

では、この相場に対して、あなたが取れた正解は、ブレイクエントリーだけなのだろうか。

いや、それは違う。なぜなら、何度も反転していたところで、逆張りでスキャルピングできるし、だましブレイクとみせかけての本丸でのブレイクでもエントリーできるし、一回目のだましブレイクをだましと見越して逆張りスキャルピングもできる。

トレードスタイルによって、一つのライン上でたくさんのエントリー方法がある。そして、その全てで、量は一定ではないが利益になる。ならば、ある意味全て正解といえるわけだ。

 

俺の考えは、ラインを引く目的は、「プライスアクションが起こる可能性のある場所に事前に当たりを付けることができる」ことだと考えている。

ブレイクするのか、反転するのか、そんなことは未来永劫わからない。

確実に分かるという奴がいるなら、このネット社会でそういう奴が一人も登場していないのはおかしい。そもそも、それが本当であれば、結局金のある投資銀行などがみんなこぞって同じことをするんだから、結局確実じゃなくなっていく。反対側が誰もいなくなるんだから。

だが、トレードで勝つのと、予想を当てることは違う。予想は当たらない。それでいい。だが、予想はする。予想というか計画だ。

そして、計画通りのトレードを重ねると、トータルで勝つ。個々はどうでもいい。これが、トレーダーなんだ。

 

今まで何度「必勝法」という文字におどらされてきたことだろう。トレードの世界では、「必勝法はない」これが現実だ。

初心者のうちは、これを理解できるかどうかで成長速度の差が出る。まずは甘えを捨てることだ。自分が入ろうとしているのは、チートの存在する甘いゲームの世界ではない。

世界中の賢い人間が、人をなるべく出し抜こうとしてできた、世界で最も勝つことが難しいゲームの世界なんだ。

 

ライン引けたらそれでOK? そんなことを言う奴は信用するな。そんなもので勝てるほど甘い世界じゃない。

 

この回までは、少し長かったが前置きだ。次回から、本当のトレーダー、勝てるトレーダーになるために必要なことを、しっかりと説明していく。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら