まずは、具体的な話に入っていく前に、すこしトレードの不都合な真実を話していきたいと思う。

まず、悲しいことなんだが、この世界に誰もあなたの味方はいない。

世界というのは言い過ぎた。トレードの世界、つまりマーケットにおいてはだ。

マーケットにおいては、彼女も、親友も、はたまた親兄弟でさえも、味方ではない。参加者全員があなたからお金をとろうと必死で行動してくる。

まず、頼れるのは自分だけということを、強く肝に銘じてもらいたい。

 

そして、頼れるのは自分だけということは、決して他人のせいにしないということと同義でもある。

「あのアナリストが買いっていってたのに下がった」

「あの営業マンが必ず上がるといってたのに」

「月光為替が120円でロングっていってたのに」

「テレビで売りだって言ってたのに」

 

何かに頼り、何かに意思決定を全て任せていると、こういう言い訳、責任転嫁が必ず出てくる。

あなたが誰かに責任転嫁することは自由だ。だが、現実に起こっていることは、「あなたのお金がなくなった」ただそれだけだ。

マーケットでトレードするということは、つねにお金をなくすリスクとたたかうということだ。そして、必ずその順番はやってくる。

その時、誰のせいにしようが、現実は変えられない。現実は、「あなたがあなたのお金をなくした」のであり、誰も助けてくれないのだ。

 

他のビジネスであれば、部下のせいにしたり、上司のせいにしたり、締め切りのせいにしたり、病気のせいにしたり、取引先のせいにしたり、下請けのせいにしたり、ありとあらゆる言い訳がうまれてくるし、実際にそこに問題がある可能性がある。

 

だが、トレードは違う。トレードにおいて、責任は100%あなたがもつのであり、あなた以外はなにも悪くない。

トレードの世界はものすごくフェアな世界で、自分のしたことがそっくりそのまま自分の利益にもなるし損失にもなる。トレードは世界で最も孤独なビジネスなんだ。

 

私のブログを読むというこの行動も、全てあなたの責任であり、誰の責任でもない。たとえば詐欺商材にだまされたとしても、それは全てあなたの責任だ。変なアナリストにそそのかされても、あなたの責任。あなたの味方はだれもいない。これからトレーダーであり続ける限り、マーケットの中とマーケットに付随する損益において、あなたは永久に孤独なのだ。

 

これを、真剣に理解してほしい。

 

これが、まず必ず初心者に知ってほしいマーケットの不都合な真実だ。

だが、これはある意味では不都合ではなくなる。

 

「月光為替のおかげで勝てるようになった」

「アナリストのおかげで勝てた」

「テレビの通りにやったら勝てた」

これも、全て間違いなのだ。マーケットに付随する損益は全てあなたの責任。

勝てるというのも、全てあなたのおかげ、あなただけがヒーローなのだ。

 

かっても負けても、全て自分の責任、自分のやった分はそのまま評価され、損失はそのまま非難される。最高の実力主義の環境、資本主義ビジネスの頂点。

それがトレーディングだ。

 

と、最後はやる気をだすため、かなりいいようにいってみた。

では、これからマーケットで起こる全てにおいて、自分で責任を取る覚悟ができたら、次に進んでくれ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら