さて、エントリータイミングの要素には、「ゾーン」と「シグナル」があると前回述べた。この呼び方は俺が勝手にしているだけなので、どの本を読んでも別の使い方をされていると思うが、そこは気にしないでくれ。

さて、今回はこの中で、「ゾーン」にあたるものについての、簡単な紹介をしたいと思う。

まずは、このシリーズの冒頭で話した、ラインはまさにこの部分にあたる。

ここまで読むとお分かりだと思うが、ラインはロングにもショートにも使える。

あるものは反転を狙って逆張りにラインを使うだろうし、同じラインをあるものは、ブレイクを狙って使うだろう。

ただ、このラインは、エントリーのタイミングを取るところに使われる訳だ。だから、ラインは「ゾーン」だといえる。

 

ここで、勘のいい人は気づくと思うが、ゾーンでは常に自分と反対側を見ている人が同じ位置に注目している。

なので、毎回自分の思った方向にいくということはない。なので、確率的に統計をとって、ゾーンにおいて自分に優位性がある時のみエントリーをすべきなのである。なので、一貫したエントリー方向のルール、ゾーンのルールが必要になる。

俺はここの部分をさらに確率的に優位にできないかと考えて、シグナルも組み合わせたほうがいいと考えているわけだ。

 

少し話がそれたが、フィボナッチや、PIVOT、移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡、などは、全てこのゾーンの役割を果たすことができる。

どれを使っても一長一短だし、好きなものを使えばいい。

やはりトレーダーであれば、まずは色々なテクニカルの特徴を調べ、それを基にチャートに表示させて、自分に合ったゾーンに使いやすいテクニカルを絞っていけばいいと思う。

 

手っ取り早くしたければ、俺のトレード手法のコーナーでも紹介しているし、メルマガでも俺の使っているものは知ることが出来る。

ただ、初心者に理解してほしいのは、なぜフィボナッチやPIVOT、ライン、節目などを使っているのかという部分だ。ここが「ゾーン」であるという認識をもっていけば、他の手法を考えるときも、他の書籍や商材からルールを取る時も、どの部分が「ゾーン」にあたるのか、を考えながら取ることが出来ると思う。

 

そして、この「ゾーン」が抜けていたり、エントリー方向までの考え方と矛盾している場合、そのルールが使えなかったり、詐欺であるという判断もできるようになるだろう。

 

どのテクニカルを「ゾーン」に使っても、一長一短であり、確実なものはない。そこはしっかりと理解して、色々と自分で調べていくといいと思う。

では、次回はもう一つの要素である、「シグナル」について話していきたいと思う。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら