前回までで、エントリールールの設定に必要な要素は全て説明した。

具体的な組み合わせは例示していないが、そもそもルールとはこのように作っていくんだということを理解することがまず重要なので、前回までをしっかり復習し、自分の中で当たり前にしてほしいと思う。

その上で、ワンポイントアドバイス的な位置づけで、エントリーで避けては通れない「だまし」というものについて考察していく。

 

だましというのは、簡単にいってしまえば、自分のルールの失敗のことだ。

上がると思ってロングしたのに、結局自分のエントリーしたところから数pipsで下がってしまった、もしくは丁度天井を掴んでしまった、というのもだましだし、wtopになると思ってショートしたら丁度ネックの所で反転してしまった、みたいなのもだましだ。

と、書いていくと、だましというのはもう日常的なものであり、避けては通れない。だましを全て回避するというのは不可能だ。それができたら100%勝てるトレーダーになってしまうわけだからな。

 

だが、本物のトレーダーなら、このだましというのを極力さけるために、何か武器をもっておく必要があると俺は考えている。

では、この武器というのはどういう考え方で選んでいけばいいのだろう。

 

ちょっと難しくなるが、それは、自分の「シグナル」に関係してくる。

例えばラインでローソク足がしっかり陽線か陰線で抜けるということをシグナルにしているとしよう。その場合、このシグナルは、いったい何を根拠にしているかということだ。

この場合は、陽線や陰線で抜ける、言い換えれば相場のライン際での強さを見ているということになる。

なら、例えば「勢い」であったり、「出来高」(FXでは厳密な出来高を調べる術はないので、tickを改良したインジケーターを使うしかない。COTレポートというのもあるが、デイトレードでは何の参考にもならない)を見ていくということになる。それに関連するインジケーターを余分に表示させておいて、例えば強さがほしい時に、「弱さ」を暗示するインジケーターのシグナルがあれば見送る、などがだましの代表的な回避法になる。

 

俺は、シグナルを基本的にローソク足の形状やパターンなど、プライスアクションを元としているので、だましにおいてもプライスアクションを集めたパターン認識的な考え方で回避しようと試みている。

 

このだましの回避のための方法は、自分がエントリールールにどのような考え方を採用したのかで、勿論変ってくる。

まずはエントリールールを作り、まだまだやるべきことはたくさんあるので、それが片付いてからでもだまし回避を考えるのは遅くは無い。

だが、この段階からだまし回避のためのルールをエントリーに加えるのに何が一貫した考えになるか、自分のルールを見つめながら考えても損はしないと思うので付け足しておいた。

 

では、次回からは、エントリールールが終わったので、損切りや利確などのルールに移って行きたいと思う。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら