さて、前回までで損切りまでの話を一通り終えた。今日は、少し話し忘れていた、時間軸の話をしていきたいと思う。

時間軸とは、自分のトレードのメイン時間軸を何にするかということだ。

 

今までの話で、エントリールール、損切りルールについて少しづつ知識は得たと思うが、どんなルールもにせよ、メインのタイムフレームを決めなければ、どの時間軸で相場環境を主に分析しなければならんのか、どの時間軸のシグナルでエントリーすればいいのかが分からなくなる。

 

まず、大まかな時間軸の目安を紹介する。

エントリーシグナルに使う時間軸として、

デイトレード:5分足、15分足

スイングトレード: 1時間足、4時間足

中期トレード(1週間から1ヶ月):4時間足、8時間足、日足

長期トレード:日足、週足

 

となる。

いくつか載っている場合は、どれを使っても良い。

デイだろうが中期だろうが、勝てる奴は勝てるし勝てない奴は勝てない。簡単とか難しいとかの類ではない。ただ、回転数の問題だ。

デイのが難しそうだから中期、とか、なんかのトレードの本でスイングが一番初心者向けと書いていたからスイング、とかの選び方はやめたほうがいい。すでに、自分の決断に対して自分が責任を負おうとしていない。

難しければ攻略すればいいだけの話だし、簡単なら、何で簡単といっている奴は億万長者になっていないのか聞けばいい。所詮その手の話は眉唾ものだ。

 

大切なのは、自分のライフスタイルに対して、しっかりとトレードできるタイムフレームはどれなのかということだ。

俺はファンドのトレーダーだし、生業がトレードなので、やろうと思えば一日中相場を見ていられる。だから細かいデイトレードをしているわけだ。

だが、例えば一日に数時間しか相場を見れない人間にデイトレードは厳しい。一日一回しかみれないならスイングも厳しいだろう。

自分のトレードできる時間を考えて、無理なく続けられるタイムフレームでトレードすることを考えるといい。

 

そして、その時間軸をメインのエントリー時間軸としたら、例えばそれより少し大きめの時間軸、大き目の時間軸を使って、ゾーンの把握や、相場状況の確認をしていくといい。

そして、メインのエントリー時間軸以下の時間軸のチャートは極力みないことだ。結局それはノイズにしかならないからな。

 

では、これを自分の時間軸の決定の参考にするといい。次回からは、元に戻って、利確に関して話をしていく。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら