良く、お金への執着がない奴の方が、トレードは向いていると言われる。

俺も、この意見には同意だ。だが、条件が付く。「トレード中に、お金への執着がない奴の方が、トレードは向いている」だ。

日常ではお金に執着はあってもなくてもどっちでもいい。

というか、お金しか成果として残らない世界なんだから、お金に執着ないんだったらなんでトレーダーやってんの?と俺は思う。

俺は単純に、自分の幸福に必要なものが「家族、自由時間、趣味、時折の贅沢」であり、この中に「何か仕事で偉業を達成」などは入っていない。だから、お金という幸福を支える媒介物を得る最短で無駄のない手段であるトレーダーをやっているわけだ。

勿論、いずれ何か残るものを成し遂げたいなんて思った時は、何か事業をやったりするんだろう。肩書きもかっこいいしな。だが、いずれにせよ媒介物であるお金があるにこしたことはない。

だから、お金に執着がないなんて坊さんみたいな状態にはならない。お金はあればあるだけいいと考えている。

 

だが、ことトレード中となると、お金に執着すると必ず勝てない。執着がチキン利食いを生むし、執着が塩漬けを生むし、トレードにおいて執着はマイナス方向にしか働かない。

実はこれを消すってのは至難の業なのかもしれないと思い始めた。いや、俺もこの部分を超えるのは相当苦労したんだが、この前「どれだけ少額でもチキン利食いしてしまいます、どうしたらいいですか?」という問い合わせがきた。

基本的に問い合わせからトレード関連の質問は受け付けないが、俺はこれは結構根深い問題なのかもとも思う。

おれは、検証段階では少額でトレードしているときは、ストレスなくデモ段階と同じようなトレードができた。んで、だんだん玉を増やして慣らしていくしかないんだが、この少額がほんとの少額(100円とか)でもストレスを感じてチキン利食いしてしまう場合、この執着は取り除けないんじゃないかとちょっと思ってしまうのだ。

まぁ、俺の場合はファンドでのトレードなので究極的に他人のカネというところが執着しない一つの理由なのかもしれん。

どうしても執着してしまう場合は、どっかに就職して、職業トレーダーになるというのも手かもしれんぞ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら