さて、そろそろ終わりに近づいてきたということで、少しメンタルの話をしたいと思う。

ルールを作り、検証も行い、デモでも十分に練習し、さぁ実践だという時に、重くのしかかる枷がメンタルである。

実弾になるとやはりお金が惜しくなり、チキン利食いをしてしまったり、エントリーを躊躇してしまったり、様々なルール外の行動をとってしまったりする。

やってはいけないと分かっていてもやってしまうものだ。ルールとは違う行動をとり、結果的に悔しい思いをしてしまう、なんてことは誰でも通る道だと俺は思う。

 

どう克服していくのかっていうのに、勿論最適解もないし、うまいやり方もない。それは人それぞれだ。ここが全く克服できずに終わってしまうという人もいるだろう。

ただ、まずは自分の虎の子の中でも、失っても大丈夫な量を口座にいれて、それがなくなるか2倍になるまでは、口座に追加を入れない、などのしばりをつけて、トレードをしてみるといい。

かなりの確率で、2倍になることなく、タネを飛ばしてしまうと思う。

で、飛ばして初めて、みにしみてルールを守る重要性を理解できる。特に、ルール通りにほとんどやっていたが、何度かルールから外れてトレードする、ということをやっていると、不思議とその何度かのせいでタネが面白いようにふっとんでいくのがトレードというものなのだ。

 

お金を失えとは言わないが、失うほど負けて、苦悩して、それで初めて心の底から理解できるものもある。

まずは、何も考えずやってみること。ルール通りトレードしてみることだ。ルールから外れてくやしくなっても、「誰もが通る道だ」と思って深く考えないこと。そして、反省と実践を繰り返し、何度も苦悩し、何度も反省してやっと、どんな精神状態でもルール通りできる自分ができあがる。

最初は淡々となんてできないから、淡々とできない自分に嫌気などささなくていい。自己否定している暇があるなら検証、勉強、反省をすればいい。

 

このメンタルの部分は、実は思っているよりも大きい。ルールがクソだとそもそも勝てないが、ルールだけがトレードで勝つ必要十分条件ではない。

まぁ、メンタルってのはある程度場数を踏んでから重要になってくるものだ。このブログでは今後も何度も取り扱っていくので、まずはルール作りから初心者は徹底していくといい。

 

では、これで相場初心者講座は終了だ。もしルール作りに迷うのであれば、メルマガを参考にすればいい、という宣伝文句とともに、この講座の末筆とさせていただく。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら