売買ルールにしても、何にしてもそうだが、一度読んだり、聞いたりして段階で、全て理解したような気になっている人が多い。

大体そういう人は、しばらく立つと伝言ゲームのように、少しずれてしまってくる。でも本人は正しいことをしていると信じている。

売買ルールではこれは致命的で、本人は本で読んだ通り、セミナーで聞いた通りにやっているつもりなんだが、ちゃんと理解している人から見ると、「え?なんでそこでエントリー?」というようなお粗末な売買ルールになっていることがある。

 

なぜこんなことが起こるのかというと、人間はそもそもそんなに頭がよく出来ていないからだ。

子供のころ漢字テストで満点を取るのが難しかったように、人は細かい記憶を忘れがちだ。売買ルールでも、大まかな部分はすぐにまねできても、細かい部分になると、どんどん記憶があやふやになっていくもの。

だから復習を続け、検証を続けるのが大事なのだ。「なぜ自分は負け続けるのだろう」と思っている人は、もう一度自分のルールと自分の今までの記録を見直してみるといい。

 

速い球の投げ方、バットの振り方、思いパンチの打ち方、スポーツの世界にはさまざまな技術が勿論ある。

だが、それを知っただけでは速い球は投げられないし、ホームランも打てないし、腰の入ったパンチも打てない。

知ってから、体が理解するまで反復練習をし、修正を重ねて、やっと自分のものになる。

 

知ると解かるでは次元が1つ違うんだ。そこが最も大切なところで、トレードで勝ちたければ、解かるにならなければならない。

だからトレードの旅ってのは長く苦しい旅なんだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら