機能するルールが自分の中で物凄くたくさんある場合は別だが、普通は「どんな相場でも機能する売買ルール」というのは存在しない。

やはり、売買ルールの機能する相場状況と機能しない=チャンスのない相場状況があるので、チャンスのない相場の時は虎視眈々とチャンスがくるまで待たなければならない。

チャンスがくるまで待つ、と簡単には言えるが、これが結構つらいものだ。

特にトレードだけを生業にしていると、一応一日チャートはみるけど、特に何もせず終わった時は、一日自分は何をしていたんだろうという気持ちになることもある。

 

だが、一貫して勝っていくためには、一貫した状況下でのみトレードをしていかなければならない。自分のルールが検証で機能すると統計がとれた状況下のみを選んで、トレードしていかなければならない。

それができなければ結局どこかで勘に頼ったトレードをすることになり、そういうときの勘は面白いように外れる。当たったら当たったで、その癖が抜けきれず、結局いずれ大きな過ちを犯し、取り返しのつかないことになる。

トレードは待つのが仕事だ、ともよく言われてきたことだが、俺はトレードは忍耐の仕事だと思う。

 

機能するルールを見つけるまで、アイディアを作ることから始まり、膨大な検証を重ねる。そしていったんルールが見つかればそれに基本的には従い続けなければならない。そして、チャンスのない時はじっと待ち続けなければならない。

全てかなりの忍耐力が必要とされる仕事だ。そしてこういった忍耐を超えて初めて、安定した勝利という報酬を得ることが出来る。

特にチャンスのない時に待ち続けるってのは辛くて、俺もよく取引したい欲にかられて意味のない取引をして痛い目にあったものだ。

それも、結局解決策として、毎回衝動に駆られたときはデモトレードをして、統計をとってトータルでプラスかマイナスかを確認した。

その結果、身に染みて大きくマイナスになるということを確認してから、こういった取引に対する欲がなくなっていった。

 

いつも答えは検証の中にしかないものだ。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら