大体の売買ルールはその背景に哲学がある。

トレンドフォローという哲学だったり、逆張りという哲学だったり、経済モデルという哲学だったり、さまざまなものがある。

その哲学に合わせて、ルールを検証していくと、取りやすい相場と取りにくい相場が段々と分かってくる。

例えば、俺なんかはトレンドが明確な相場、つまりダウ理論を使うまでもなく、明らかに上だ、下だと分かるような相場はほぼ負けることはない。

だが、解かりにくい相場状態の時も、ルールに従いトレードをしていればトータルプラスの収益が見込めるから、えり好みせずトレードをしているだけだ。

 

売買ルールを身に付けて最初のうちは、いくら検証でプラスになっても、やはり怖いものだし、3連敗とかすると、またその売買ルールを疑うことになりがちだ。

なら、検証時点でみつけた自分の得意なパターンだけを最初のうちはトレードしてみるといい。

トレード回数は減るだろうが、最初のうちは負けにくいようにトレードをしていく。そして、同時に難しいパターンでも、デモエントリーなどして記録しておく。

 

そうすると、売買ルールがいいものであれば、自分の心配は杞憂だったと、何も考えず従うしかないということに気付くだろう。

逆に、負けにくくトレードしているほうが成績が結果トータルでよいのであれば、ルールの改善が出来たと思って喜べばいい。

 

誰でも勝てる相場ってのはなくて、売買ルールそれぞれに、得意な相場、苦手な相場ってのがある。だが、検証を続けると、感覚的にその”得意”な相場が分かるようになるはずだ。

最初のうちは、そういう相場だけを狙い撃ちするといい。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら