トレードのルールが出来ても、同じルールに従っているだけのはずなのに、毎回のトレードで感じるストレスは違うものになるはずだ。

どういうことかというと、やはりトレード毎に、「少し楽なトレード」と、「精神的に厳しいが、入らないとダメなトレード」に分かれていくものだ。

 

何が精神的に楽で、何が精神的に苦痛かは、勿論人それぞれだが、こと初心者の内は、自分が精神的に楽なトレードってのは、負けに繋がることが多い。

不思議と、入りたくないけど入らないとな。。という気分で入ったトレードは利益につながることが多くなる。

まぁ、相場は結局少数の勝者が持っていく世界なので、初心者の反対をいかなければならないということを考えると、自然なことかもしれない。

 

初心者は特に、きれいなパターンが好きだ。たとえばライン際での、綺麗な高値切り下げのwtop。しかも大きさも形も綺麗で、そのネック割れでのエントリーは、初心者が安心して入れる位置だ。

だが、むしろ俺なら、そんなにきれいなパターンが出るとちょっと嫌になる。そんな場合はむしろ、ネック割れ手前で入って、すぐに建値の利益は得ることが出来るようストップを引き下げることしか考えない。

逆に、俺はライン際で、高値切り上げ(だが、BBでみると相対的な切り下げ)で大きさも小さく、急なwtopの少し手前で入れるようなときが好きな形になる。

勿論負けるときは負けるが、勝つときは結構一気に伸びることが多い。だが、初心者は安心して入れない位置だ。初心者はそこで値が落ちていくのがくやしい。だから、次の節目でのブレイクのショートを我慢して狙う。だが、そこは俺たちからすると、格好の利確ポイントとなって、反転していくことになる。

 

まぁ、例はあげればきりがないが、初心者のうちはアドバイスとして、あまり自分の精神的な感情を信じず、ルール通り全て入ることだ。結局、上手くなれば選ぶことでルール以上の期待値になるし、選ばなくてもルール通りならその予定の期待値で収益が期待できる。

だが、初心者のうちに恣意的にチャンスを選んでしまうと、十中八九期待値が大幅にマイナスになってしまう。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら