ミスを犯すのは悪いことではない。悪いことは、ミスから何も学ばず、同じミスを繰り返すことだ。

使い古された教訓のような言葉だが、ことトレーディングの世界で生きる者にとっては、とても大切な教訓となる。

トレードをしていると、些細なミスから、大きなミスまで、様々な失敗を犯す。

例えば熱くなって根拠の薄いトレードを繰り返し、一気に資産を減らしてしまうというような致命的なミスから、シグナルのすぐあとに大きな指標があり、知らずにエントリーして逆に行き、かなり大きなすべりを食らうというような小さなミスまで、様々だ。

 

そして、簡単にいうなら、二度と同じミスは犯すな、反省しろ、で話しは終わってしまうのだが、人間そう単純ではない。

勿論、一度やったミスを二度としないというような素晴らしい人間性の持ち主であればいいんだが、人間というのはどうしても同じミスを繰り返してしまう生き物だ。

そして、そのたびに深く反省するのだが、また同じことをしてしまう。トレードの世界でさらに面倒なのが、ミスがそのまま損失につながるわけではなく、長い目で見れば必ず大損するのだが、一回二回だとたまたま大勝ちしたりしてしまうことがあるのがまた事態を悪くしてしまうのだ。

 

個人的におすすめなのは、自分のミスノートを作ることだ。ミスをするたびに、細かいことから大きなことまで、損失になろうが利益になろうが、毎回記録する。

そして、それを定期的に見直す。何度も同じミスを犯しているという意識があっても、それがしっかりと明文化されて、自分その愚かさを否応なく認識するというのは克服に必ず必要になる。

 

学校や会社であれば、ミスをすると先生や上司に叱られるし、いいことをすれば褒められる。

だが、トレーダーは孤独で、怒られないし、褒められもしない。ただただ口座の資金が減るか増えるかだ。

そういう意味で、自分自身が先生であり、上司になるしかなくなるわけだ。俺はミスノートがその代わりになっていたし、もし何かほかにもいいアイディアがあれば、お便りをもらえるといい。紹介させてもらう。

 

ミスを犯すのは仕方ない、更に、繰り返してしまうのも仕方ない。それが人間だ。ただ、そこから何も学ばず、成長できないとトレーダーとしては成長ができない。そのために、自分自身が自分のメンターになるという強い意志が必要になる。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら