昔少しブログで触れたかもしれないが、最近いつもの短期トレードとは別に、長期(1週間~1ヶ月)のトレードの検証をずっと続けていて、調子がいい。

まぁトレンドフォローであることは変わりないので、ここ最近のトレンドでしっかり利益が出たのは当たり前なので、一年通してトレンドのない時のドローダウンまで確認しないと実弾を走らせはしないが、一応今の所は問題なく進んできており、安心している。

勿論、資金効率は段違いに短期のがいい。長期だとトータルで短期の3,4ヶ月のリターンが限界だなと思う。

ただ、良いこともあって、100~200pips初期ストップをとるので、短期と違い、かなり大きなロットでやってもほとんど検証結果と変わらない結果になるんじゃないかと思う。

やはり、かなり大きい額でトレードをやるとなると、短期ではストップとすべりの両点で厳しくなってくるので、まぁこれからの自分の展開の為に、この売買ルールの検証はこれからも続けていきたいと思う。

 

時間軸を上げたトレードってのは、トレードで生計をたてていきたい、億万長者を目指したい、って奴にはおススメしない。

一番の理由は資金効率で、でかいファンドのリターンが30%超えたらすごいってのも、こういうところがポイントだ。タネがでかいと、結局ストップ広めのリスクリワード高めのトレードでないと回せない。

めちゃくちゃ小さくロットを分けて、鬼のように一日にスキャルピングをしていくってのもありかもしれんが、身が持たないだろう。

デイトレードは資金効率が良く、上手くなれば普通のカネは入ってくるが、めちゃくちゃ大きなカネを扱うとなると残念ながらルールの特性を著しく変える恐れがあり、難しくなってくる。

結局一長一短であり、自分に合ったトレードの時間軸を狙わなければならない。

 

それに、個人的には長めの時間軸のトレードの方が難しいと考えている。でかいファンドでリターンが30%以上安定している所がほとんどないことが、時間軸を上げた売買ルールの構築のむずかしさを物語っている。

時間軸が上がると、ファンダメンタルズの及ぼすテールリスクがかなり大きくなってしまうことが一つの要因だろうと思う。

 

まぁ、ただ相場の世界では大きい額を回せる人間の方が偉く、尊敬される。俺もまだまだ小さい額しか回せないので、そういうレベルにこれからも成長していければなぁと思う。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら