ナンピンや増し玉に関する質問が届いたので、ここでまとめて答えたいと思う。

俺の動画やメルマガを購入してくれた人は分かると思うが、俺は基本的にナンピンも増し玉もしない。

時々中長期用のポジションのために、増し玉をすることはあるが、短期トレードでは基本的にどちらもしない。

 

で、俺は別にこの二つに否定的な考えを持っているわけではない。どちらも別にしっかりとした戦略の中で裏打ちされていれば、有用なわけだ。

たとえばナンピンはもうそれだけで悪みたいな扱いをされるが、そんなことはない。

ちゃんと事前に反転のゾーンをつけておいて、それが長期足を基本にしていると、かなり広い範囲にゾーンが絞られてくる。

その広いゾーンのどこで止まるかは分からないので、事前に平均コストを計算し、玉を調整しながらこわけにしてエントリーをしていけば、一応見た目にはナンピンだが、別に悪いことではない。ポジションが自分のコントロール下にあるのだから、立派なトレード手法だ。

だめなのはわけもわからず、下がったら買い、下がったら買いをくりかえし、ポジション調整や平均コストのことなど全く頭にない場合だ。これはただ塩漬けのダメージを増やしているだけであり、全く意味がない。

 

増し玉も基本的には同じだ。中長期のトレンドに乗るために、自分の含み益を担保にしてポジション量を計算し、長期的な押し目や戻りの節目でさらにエントリーをしていくというのは、長い時間足におけるトレンドに乗ってしっかりと儲けるには必須の手法だと思う。

 

じゃぁ何故俺がしないかっていうと、簡単に言えば短期トレードの手法なので、増し玉はまだしも、ナンピンはルールに合わないからだ。

つまり、短期足を使ってしっかりとエントリータイミングを把握し、ロスカット基準を決めているわけだから、ゾーンを広くとって当たりをつけているわけではない。だから、まずナンピンをする理由がない。ロスカットについたらそれでエントリーを再度考える理由がなくなるからだ。

次に増し玉は、めんどくさいからしないというのが本音だ。確かに反転の丁度上の方をしっかりエントリー出来て、さらにこの節目をブレイクして、ブレイクからのライン試しに戻ってきた所など、良い増し玉のチャンスの場面はあるんだが、そこから上手くさらに伸びてくれることも勿論あるが、ほとんどは伸びない。

しっかりと検証はめんどくさいからしていないが、多分トータルでの期待値は結局マイナスとプラスが打ち消し合って、そう変わらないんじゃないかと俺は思う。俺の売買ルールではという話だが。だから増し玉はしない。

 

だが、勿論しっかりとした戦略的思考の下練られているのであれば、増し玉もナンピンもよい手法になりうる。ただ個人的にはスイング、中長期のトレーダーが考えるべきことじゃないかという印象だが。

ランキングポチは必ず頼むぞ。読み逃げは厳禁だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

売買ルールを手に入れたいなら、、、
動画講座はこちら
売買ルールの実践練習に、、、
チャートブックはこちら